スポーツ

2018年5月 6日 (日)

ああ、中日ドラゴンズ

今年の順位予想で10人中7人が最下位だった。
残りの3人は中日のOBで、5位!
実質ドベだ。

今年の戦い方は去年と全く変わらない。

たまに連勝して5割に行ったら、それ以上の連敗。
よくて1勝2敗なので5割はどんどん遠ざかる。

外人が頑張っても効果はない。
それでもスポーツニュースでは中日の結果を見てしまう。
名古屋出身としては何としてでも頑張ってほしいのだが
期待できそうにないなあ。

明日の月曜日は雨。
先週は祝日でお休みだったので2週間空いてしまう。
折角アイアンが当たりだしたのに残念じゃ。

| | コメント (0)

2018年3月15日 (木)

大相撲

大阪場所が開かれている。

人気の白鵬、稀勢の里の欠場で危ぶまれたが
予想外の鶴竜の頑張りでそれなりに盛り上がっている。

今場所で気が付いたこと。

良い取り組みでもないのに「懸賞」が付く。
地元の出身という事もあろうが、白鵬、稀勢の里につくはずの懸賞が
そっちへ流れているように見える。

これでいままで懸賞にあずかれなかった関取に流れていることは
とても良い事だろう。
知られていない関取の励みになる。

それと最近の傾向として「寄り倒し」がほとんどない。

土俵際まで攻められると力を抜いて負けてしまう。
最後の最後まで頑張らない。
ただでさえ怪我が多いのに、頑張ってけがをしては
元も子もないという事か。

いま問題児の貴乃花や若乃花は「顔」から土俵に
落ちて行った。
その粘りは今の関取にはない。

時代でしょうね。

| | コメント (0)

2018年2月25日 (日)

カーリング

女子カーリングが銅メタルを獲れた。

準決勝は相手が韓国で、負けるな、と思っていたが
第10エンドでのミスで負けてしまった。
惜しい試合だった。

3位決定戦は第9,10エンドでイギリスのミスで逆転勝ち。
思う様にストーンが滑らないのが常とはいえ
イギリスは口惜しかろう。

それにしても北海道の田舎町のチームが単独で出場し
銅メタルを取ったことは素晴らしい。

まずチームが単独だと言うことが珍しい。
パシュートも優秀な選手を集めたものだ。

オリンピックの年になると話題になるカーリング。

自分がプレーするのは環境も整わず難しいが
面白いスポーツだと思う。

ただ、予選だけで9試合は多すぎる。
グループでを作っての予選、決勝トーナメントと言う
サッカー方式の方が面白そうだ。


初めは無関心だったこのオリンピック。
日本の活躍が関心を呼んだ。

大変面白かったです。
色々な感動を貰い、ありがとうさんでした。

| | コメント (2)

2018年2月10日 (土)

オリンピック

今回のオリンピックには全く興味が湧かない。

華やかな開会式を延々と放映していたが「ふ~ん」と言う感じ。

オリンピックには、ものすごく努力して、1種目で1人か2人に
入るのは並み大抵なことではないことはわかるが
それを利用しての商売根性が見え見え。

かってのアマチュアリズムはとっくの昔に何処かへ行って
プロスポーツのお金をかけた戦いになっている。

何か白けてしまう。
もっとおおらかに「がんばれ!」と言うべきなんだろうけど・・・

| | コメント (2)

2018年1月24日 (水)

関取の名前

関取の名前にも時代を感じる。

阿炎とか阿武咲とか宇良とかまともには読めない。
今流行のキラキラネームの部類か。

阿武松部屋なんてのがあるので以前からこの読み方はあったらしい。

昔は「山」とか「海」とか、とにかく大きなものの名前が多かった。
それが本名のままでやったりして変わってきた。
この後どんな名前が出るのだろう。

今場所の取り組みでは「寄り倒し」が少ない。
土俵際に攻められると、力を抜いてしまう。
怪我が怖いのだろう。

白鵬の「かち上げ」が問題になったが、高安は使っている。
要は「エルボー」のような肘を上げなければいいみたい。
相撲の手としてあるのだから使えばよい。

| | コメント (2)

2018年1月19日 (金)

ああ稀勢の里

稀勢の里が休場。
5場所連続だそうだ。

もともと力がないのに「八百長」まがいの相撲で横綱を作った。

日本人の横綱が欲しかった。
豪栄道も琴奨菊もカド番続きで頼りなし。
稀勢の里しかいなかった。

彼も大関で終わっていればこんなに苦しむことは無かったろう。
引退を早める結果になる。

それにしても彼の表情は何とかならんか。

勝っても負けても何の感慨もなくするのが精神統一に
良いとでも思っているのだろう。
それとも何にも感じない性格なのか。

そんなことは無い筈なので意識的にやっていると思える。
ガッツポーズは禁じられているそうだが、もう少し喜怒哀楽を
表現したほうが人間らしい。

遠藤もそうだな。

勝っても負けても無表情と言うのは絶対におかしいよ。

| | コメント (0)

2018年1月18日 (木)

白鵬休場

白鵬が休場。

稀勢の里は引退か。
それにしても早すぎるが、横綱にしたのが間違いだった。

鶴竜が休場続きで引退間際。
日馬富士も不安定。
白鵬も衰えが目立つ。
こんな中で日本人横綱のチャンスが出来て、喜んで作ってしまった。

可愛そうなのは稀勢の里。
辞めるにやめられず醜態をさらす。

照乃富士が十両に落ちる。

彼が上がって来た時は、すぐ横綱と思った。

あの大きな体で、バランスもとれている。
もろ差しにさせて上からかぶせてかんぬきで攻める。
この後の小手投げで次々に勝利を重ねた。

好事魔多し、というか、足を怪我した。
優勝が懸かっていたので無理して出場し、悪化させた。

これがどんどん彼の相撲を悪くした。

「糖尿病」と言う診断だが、もしそうなら長引くよ。
このまま引退なんてこともある。

あの悪がきのような風情は面白い。
ぜひ復活してほしいものだ。

| | コメント (0)

2018年1月 3日 (水)

藍ちゃんのゴルフ

1日夜10時からの放映。
BS7の「ゴルフの決断」の特別バージョン。
大好きな高柳さんも出ていました。

それを久しぶりにビデオを撮って見ました。

BSをウチのビデオに撮るには特別な手順が必要なようで
なにせ久しぶりなので、マニュアルと首っ引き。
撮れたかどうか不安でした。

内容は「9ホールを27打で回る」という課題。

宮里聖志、藍、横峯、美香の4人で協力して
9ホールを27打以内で回れるかどうか。

全ホールバーディー以内と言う厳しい設定。
しかし、4人のベストボール方式。
誰かがバーディーパットを入れればよいのです。

藍ちゃんのゴルフを見られるのはこれが最後かな、
と思ってみていました。

可愛いですなあ。
あんな子が世界を相手に戦っていたなんて。

結果は最終の9番で劇的なバーディーパットを
宮里美香が決めて課題達成!。

3年目にして初めて、と言っていたので
この番組は前からあったのですな。
知りませんでした。

楽しい番組で幸せなお正月でした。

| | コメント (2)

2017年12月 1日 (金)

市町対抗駅伝

明日、静岡で「市町対抗駅伝」が行われる。
静岡県にあるすべての市町がチームを作って参加する。

この「すべて」が凄いと思う。

大きな市は2,3チームが出場するが、小さな町も参加するのだ。
小学生、中学生、高校生、社会人がチームを作る。
男女入り乱れる。

表彰は「市」と「町」で別々に行われるのだが、チームを作るのも
大変な町はある。

当然地元の地区を応援する。
自衛隊員が多い地区や浜松のチームが強い。
富士宮市は10位に入ればよい程度だが頑張って欲しいもんだ。

これは静岡県が誇れる行事だと思う。



| | コメント (0)

2017年9月23日 (土)

大相撲

横綱、大関が次々に休場し、日馬富士と豪栄道が残っただけ。
日馬富士も序盤に負けて、早々に優勝争いから後退。

期待された若手も潰しあいでパッとしない。

豪栄道が勝ち進んで何の面白味もない場所になる所だった。
それが豪栄道が盛り上げた。

今の調子だと優勝は日馬富士だろうが、豪栄道は何とも言えないだろう。
「おれがひっぱて来て、『終わってみれば日馬富士』は何時ものパターンだよ」

日馬富士の優勝はいつもこんな形。
白鵬が先行していたら最後は日馬富士なのだ。

横綱が3人も休場し、若手の絶好のチャンスだったのに。
残った大関と横綱が優勝を争ったのでは様にならない。

形は良いのだがつまらぬ場所だった。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧