富士山

2012年2月19日 (日)

今日の富士山

おもしろい雲の状態だったので撮りました。

地震雲でなく飛行雲のようです。

こんなに沢山残るのは初めてです。

Photo

| | コメント (0)

2009年10月 7日 (水)

台風18号接近・富士山に初冠雪

091007 台風18号が静岡にとって最悪の方向に進行中。

嵐の前の静けさと言う言葉がぴったりするような
静かな雨が降っている。

こう言う時になぜか富士山がはっきり見える。

頂上付近に今年の初雪を発見!。

静岡側には有人の観測所が無く公式の初雪は甲府の測候所の
発表によっているがそんな事はどうでも良い。

富士山に雪が降ると「ああ、もう秋もお終いか」と季節を感じる。

暖かい地方で日常の中に雪山が見られるのは心が落ち着く。

| | コメント (0)

2009年7月28日 (火)

今年の富士山

今年の富士山は祟られている。

7月1日に残雪が多く開山は名ばかりになったのは良くある事なの
でまあ良いとしても、落石で人が亡くなったり、遭難者が出たりで事
件続き。先が案じられる。

山開き、海開きとか建築前に安全を祈願する神事を行う。
ある一定の期間限定で事故が起きないように神様にお願いする。

その後そこで事件が起きても神主は責任を問われない。
祈り方が足らなかったとかお供えが少なかったとか信仰が足りな
いとか責められる事もない。

普段は神様なぞ信じていないくせに神妙に頭を垂れている。
事故が起これば
安全祈願をしたことさえ忘れている。

あれは一体何のための行事だろう。

やらないともっと酷い事が起きた。この程度で済んだ。
良かった、良かった、と思うのだろうか。

昔、日食を予言できなかった占い師は殺されたそうだ。
神主もそれ位の覚悟で祈ってくれ。

除夜の鐘をお寺で撞いて新年の初詣は神社と決まっている。
その都度都合の良い神様、仏様にお願いだけして努力はしない。
それで上手く行くなんて期待していないのに何となく気が納まる
から不思議なもんだ。

元日に近くの日蓮宗の総本山大石寺に行ったら人っ子一人居な
かった。静かで荘厳で良かったが・・・。

話は変わるが日蓮宗のお寺がこの辺には多いがどこもお賽銭箱
がない。宗派の方針なのだろうがお賽銭は入場料、拝観料だと思
っていたので新鮮な驚きだった。
10円や100円で神様、仏様が願い事を聞いてくれるわけが無い。

都合の良い時に都合の良い神様にお願いしたって向こうも困る
だろう。

| | コメント (0)