« メンソレータム | トップページ | 新潟の知事 »

2018年4月20日 (金)

セクハラ事件

財務省の官僚のセクハラ事件。

セクハラを受けた女性に「申し出よ」と言ったらもめている。
この報道が事実かどうかを知るためには女性が特定されねばならず
この言い方は正しい。

録音だけで犯人にされてはたまらない。

そしたら女性を守れとか、傷ついているのにという
弁護論が出てかしましい。

テレ朝が「自社の社員だ」と言い出した。
それならなぜ自社で報道しなかったのか。
なぜ新潮社に売り込んだのか。

「本人が特定される」と言っているが、テレ朝には女性記者は
一人しかいないのか。
特定されることがなぜ悪いのか。

これだけの事をしたからにはそれなりの覚悟はあるだろう。
それがジャーナリストの使命だろう。

別に官僚の肩を持つつもりはないが、電車でも痴漢事件と言い
一方的に言い出した方が勝つ、というのを止めてもらいたい。

公正な判断は両方の意見を聞くのが基本なのだ。
女性を守れ、というのを利用し政治化しようとしている。

|

« メンソレータム | トップページ | 新潟の知事 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« メンソレータム | トップページ | 新潟の知事 »