« 大雪 | トップページ | 明日のゴルフ »

2018年1月24日 (水)

関取の名前

関取の名前にも時代を感じる。

阿炎とか阿武咲とか宇良とかまともには読めない。
今流行のキラキラネームの部類か。

阿武松部屋なんてのがあるので以前からこの読み方はあったらしい。

昔は「山」とか「海」とか、とにかく大きなものの名前が多かった。
それが本名のままでやったりして変わってきた。
この後どんな名前が出るのだろう。

今場所の取り組みでは「寄り倒し」が少ない。
土俵際に攻められると、力を抜いてしまう。
怪我が怖いのだろう。

白鵬の「かち上げ」が問題になったが、高安は使っている。
要は「エルボー」のような肘を上げなければいいみたい。
相撲の手としてあるのだから使えばよい。

|

« 大雪 | トップページ | 明日のゴルフ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

相撲界では次から次へと不祥事が発覚していますね。
鶴竜も2敗で分からなくなってきました。
遠藤の勝利はうれしいですが・・・。

しこ名で新十両の「天空海」あくあと読むそうですがキラキラネームが多いですね。

投稿: pansy | 2018年1月25日 (木) 22時28分

「天空海」で「あくあ」ですか。これは酷いですね。ちょっと読めません。言われはあるのでしょうがどうしてこんな名前を付けるのでしょう。鶴竜には期待していなかったので、やっぱり、と言う感じです。栃の心に決まりですね。

投稿: granpa | 2018年1月26日 (金) 08時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大雪 | トップページ | 明日のゴルフ »