« ヘッドカバー | トップページ | ボールケース »

2017年7月11日 (火)

参考人

「参考人招致」で質疑をしても新しい話題は出てくるのでもなく、
新しい「疑惑」が出てくるものではない。
ただの「儀式」のような気がする。

いつもいつも「疑惑は晴れない」と言うだけ。

週刊誌や意見を述べる側がいつも正しくて、政府側は疑惑だらけ。
そんな構図の展開だ。

森友のような詐欺師のような人の意見を大々的に取り上げて騒ぐ。
面白ければよい、と言う風情。

加計のは前川側が正しくて、首相が嘘をついている、と言う構図。
何を言っても「説明責任を果たしていない」と何時までもくどく騒ぐ。

前川側の言うことが正しいとすれば疑惑は晴れるのか。
前川側の文書が偽物だと証明できれば済むことだがそれもしない。

何時まで経っても同じことの繰り返し。
マスコミはそれが楽しいのかもしれないが毎度毎度同じニュースを
きかされては溜まったものではない。

だれも真実は分かっているのだ。

|

« ヘッドカバー | トップページ | ボールケース »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヘッドカバー | トップページ | ボールケース »