« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月28日 (火)

退院

入院から6日で退院
手術から5日だ
なんと早い

昔は盲腸だって1週間は入院した
今はやはり5日
もはやこれが基準なんだろう

医療保険の入院給付金は7日以上の入院だとか
これでは給付の対象とならない
これに騙される人は多いだろう

手術から3日目から普通食になり、動いて良いようになった
「動け」「歩け」といわれトイレも「しびん」を使わずトイレに行くようにしたが
3日目の夜、10分おきに「小」が出て「しびん」が一杯になった
これにはちょっと参った
医師に言うと「点滴のせいかな」と

夜はほとんど眠ることは出来なかった
これは入院する前からの状態で入院しても続いた
眠剤を貰って飲んだが、効果は無く入院中の睡眠時間は計8時間くらい
これが一番ストレスになった

退院後も続いたらいやだなと思っていたら、ウチではなんと22時になると
不思議と眠れた
変なの、だが嬉しい

順調に回復して17日(金)に無事退院できました
めでたし、めでたし

| | コメント (4)

2017年2月27日 (月)

看護師

看護師はとても親切だ
何を頼んでも嫌な顔をせず「お願いします」「ありがとうございます」と言う
だからかえって変なことは頼めず我慢することになる
奥さんが来た時に頼む
この方が気が楽だ

一番看護師に依頼したのは「痛み止め」だ
そんなに痛くはないのだが右腹の穴の後が響く
痛み止めは6時間経過しないと出してくれない

夜11時ごろ頼むとなかなか持ってきてくれない
一度は全く無視された
2度目も30分たっても持ってきてくれないのでナースコールを押した
返事がないので2度押したらやってきて
「消灯後はナースコールに返事をしません。2度も押さないで!!」
ときつく叱られた
そんなことは全く知らなかった
むかついた


看護師は昼は天使だが夜はそうではない
一度ならず2度もこういう目に合うとそう思わざるを得ない

回診の時このことを訴えると爆笑になった
その夜はちゃんと持ってきてくれた
言ってみるもんだ

看護師はみんなマスクをしているので顔が分からない
眼だけでその「美しさ」を判別することになる
みんな美人に見えるのだ
それにしても肉づきの良い人ばっかりだったなあ

| | コメント (4)

2017年2月26日 (日)

普通食

手術の翌日普通病棟へ移された
4人部屋の窓際でラッキーだった

その日の食事は「五分がゆ」が昼、夜とでた
食欲は全くなくおかゆは「おもゆ」のみを飲んだ
おかずに出た「鰆の焼き魚」は美味しくて完食した
後のおかずは全く手が付けられなかった

食感はまず「甘味」が反応するらしくご飯も魚もとてもおいしい
特に「森永牛乳」は甘くて感動した
どれも美味しいのだが箸が進まない
三分の一も食べられなかった

翌日は朝から普通食
ご飯はゆっくり噛むと甘味が出てきて美味しいのだが食べれない
玉子焼きが全く味がせず拒否反応が出てしまった
奥さんに頼んでパンを買ってきてもらいそれを食べた

夜も与えられた食事は食べられず買ってきた海苔巻とお稲荷で済ませた

そんなこんなで与えれた食事は殆ど食べずパンで済ます

このせいか退院後は前に比べて5kgも体重が減ったのです
思わぬところでダイエットが出来ました

| | コメント (2)

2017年2月25日 (土)

普通病棟

24時間集中治療室に居て普通病棟に戻った
4人部屋の窓際でラッキー

ここは南側で病棟の裏に向いている
1000台ほどの駐車場があり道路が東西に走っている
見ていると7時ごろに出て行く車が多い
なんでしょう

8時半にナースの申し送りがあるのでこの時間がナースの出勤時間
8時頃にそれらしい人の群れが裏玄関に向かう
歩いてくるのだがそっちの方向にバス停も駅もない
多分そっちの方向にナース用の専用駐車場があるにかな
服装は地味で黒のボアコートにミニスカート、黒タイツ
生足はまったくなし

学生は殆ど通らない
高校生は2,3人通っただけ
小中学生は皆無
学校がないのだろうか

こんなことで朝は過ぎるのです

| | コメント (0)

2017年2月24日 (金)

入院の話は閑話休題

2月23日は静岡県では「富士山の日」(ごろあわせ)

色々な行事が行われるが一番ホットなのが
東名SA富士川の富士川楽座に静岡最大の観覧車が誕生し
この日から営業を開始した
ここからの富士山の眺めは抜群です

ひょっとしたら全国ニュースでやったかもしれない
新東名からでも清水ジャンクションを使えば東名に入れる

ぜひお寄りください

| | コメント (0)

2017年2月23日 (木)

集中治療室

術後運ばれる部屋。
ナースセンターの真ん前にありナースセンターの様子がよく分かる

術後、麻酔がちっとも覚めないので研修生が
「granpaさん、起きてください
granpaさん、起きてください」
と何度も呼びかけたそうだ
夢の中でこれが漫画のような字幕でわ~と押し寄せてきてたまらず

うるさ~~い」と叫んだらしい。

その自覚はあった

麻酔がさめるとき幻覚が現れる
時には病室の窓から妖怪が襲ってくることも
あると聞く
だから医師も必死で起こすのだろう。

この後奥さんが「よくがんばったねえ」と肩に手を置いてくれたのは
覚えていいるがぼんやりしていて定かではない。

24時間の心電図、酸素マスク、点滴、血圧計、胆汁の袋と
スパゲッティー状態。

傷口は殆ど痛くないので動こうと思えば少しずつなら動ける。
動いてみてはこの程度なら大丈夫と言う所を探す

手術前に「がんばって」と言われても手術中は寝ていただけ。
頑張るのはこれからなのです

殆ど動けない状態でここで24時間過ごします

| | コメント (0)

2017年2月22日 (水)

手術

市立病院へ担ぎ込まれてCT,MRI等色々検査をして即入院
明朝1番で手術、と決定。

朝9時過ぎ、手術室へ
すれ違う医者や看護師が「がんばって」と声をかけてくれる
なんとなくうれしい

手術室へ入り、ストレッチャーから狭い普通のベッドへ
奥に銀色の手術台が見える
ここで麻酔
全身麻酔でガスを嗅がされて1分も掛からず沈没。

手術は「腹腔鏡手術」で今流行の3点穴あけ
これは患者の負担が少なくていいらしい。
この後それが証明される

病名は「胆のう炎」
胆のうに穴が開いていてそこから胆汁があふれ出しべたべただったそうだ
みぞおち付近の腹痛もこれが原因だったのか
胆管に石が残っていたが未だいいと言う判断で今回は処置せず。
出来るだけ早い時期に取った方が良いそうだ

約2時間の手術は上手くいきました。

| | コメント (2)

2017年2月21日 (火)

入院まで

8日(水)の夜からお腹の右上が痛みがした。
今迄お腹はみぞおちの付近だったのでちょっと違うぞと言う感じだった。

ちっとも痛みが引かないので薬局へ行ったが適当なものがなく
帰ってきて医者へ行くことにした。
近くの胃腸科は何時も空いているので行ってみることにした
「腸の炎症かなあ」と点滴。
翌日も抗生物質の点滴。
しかし痛みは酷くなる一方なのだが、点滴で治ると思い込んでいたので
休日に救急センターへ行き点滴。

日曜日の胃腸科で(ここは日曜日もやっている)で点滴。
血液検査の結果で白血球とCRP定量の値が滅茶苦茶悪い。
CRPは何処かで炎症を起こしていることを教えてくれる数値。
超音波で探ってみてもよく分からない。
「何かあったら救急センターへ」とのことで帰る。

痛みは酷くなる一方。
救急車を呼ぶ、と言うことは凄く勇気がいる。
このままではダメと勇気を奮い起こして救急車を呼びました。

まだ電話が終わらないうちからサイレンの音がして5分で到着。
市立病院へ担ぎ込まれました。

| | コメント (2)

2017年2月19日 (日)

緊急入院!

12日に入院し、胆のう炎の手術をしました。
18日無事退院し現在自宅療養中です。
詳細は後日アップします。

| | コメント (3)

2017年2月11日 (土)

かかりつけ医との対決

まず予約が取ってあったかかりつけ医へ行った。

お薬手帳で昨日違う所へ行ったことがばれてしまったが
悪いことをしたわけではないので「当然」の顔で対応した。
これが気に障ったらしく何時もより雑な扱いで診察は終わった。

帰りがけに「診療のことで色々文句を言わないでほしい」
「何のことでしょう」
「文書料のことです」
「ああ、あれですか。今までは1000円だったのに1200円請求されたので」
「え、そうなんですが」ととぼける。
看護婦が「本当は1200円だったのだけど1000円しかいただいて
いなかったのです」と助け舟。
他に医院では500円が最高で殆どは無料で書いてくれるのに
1200円は異常に高い。
幾ら相手が医師でも気にらないことはきちんというべきだと考えている。

ここから医院の苦しい経営を延々と言い続け
「こういうことがあると一所懸命やっているのにやる気が無くなります。」

ここはもともと「心療内科」で一人の診察時間が長い。
主に過去の特殊事例をえんえんと述べるからそうなるのだが分かっていない。
漢方とわけのわからない注射で儲けている。
この医師の博学には敬意を持っていたので今まで続けてきたが
もう続ける気はなくなった。
ただ血圧の薬が合っているので未練が残るがここまで言われて
来る必要はない。

寒さの中、昨日行った胃腸科へ向かいました。

| | コメント (2)

2017年2月10日 (金)

腹痛

水曜日の夜から右腹の上部が痛みだした。
今迄良くあった腹痛と場所が違う。
今迄は「みぞおち」の付近だったが今度は右に寄っている。
普通の腹痛だろうと思って薬局へ行く。
薬剤師に相談すると「診てもらった方が良い。何が良いか分からない」

ウチへ帰って考える。
かかりつけ医は明日予約が取ってある。(8週間に一度)
飛び込みで行くと2,3時間待たされることはざらで、たまらない。
前立腺で通っている所は内科もやっているが木曜日は休み。
ペインクリニックも内科をやっているが薬の量が満杯。
仕方なくいつも買い物で通りかかり、空いている風なので行ってみることに。

やっぱり空いていて待合室には一人。
これなら30分もあれば診て貰える。

愛想の悪い受付の女の子とは対照的で優しい先生だった。
なんでここが流行らないのだろう。
私にとっては良いことだが。

ここは胃腸科と外科と言う組み合わせ。
最近こういう組み合わせが多い。
最近の開業医は「内科」と言う表示が出来なくなったのだろうか。
また、2つの科までしか表示できないと聞いたことがある。

様子を聞く。
触診。
レントゲン。
血液検査と手順を踏む。
レントゲン室を出る時手間取っていると、扉を先生が抑えて
待っていてくれた。こんな事されたことはない。

肩に筋肉注射を打って今日はお終い。
「また明日来てください」

ああ、ここへ来てよかったと思いました。

| | コメント (3)

2017年2月 8日 (水)

運転免許更新

運転免許の更新に行ってきました。
12月に「高齢者講習」を済ませてあったので簡単です。

10時過ぎに警察へ行く。
何となく警察は入りにくい。

中へ入ると数人の人がベンチに座っていました。
申請書に記入して提出。
視力検査の人が爺さんの説明に手間取っていてなかなか
手が回りません。
それでも中の3,4人がテキパキと仕事をしていて気持ち良かったですね。

一般の人は3000円取られていましたが私は2500円でした。
写真室で写真を撮ってからもなぜか手間取りましたが40分くらいで
新しい免許証を呉れました。

間延びした顔の写真で気に入りません。

勿論「ゴールド」です。

| | コメント (2)

2017年2月 7日 (火)

2月7日の日記

昨日のゴルフの終わりで転んで左ひざを擦りむき
右くるぶしを打撲した。
幸い捻挫はしていないようで助かった。
毎朝のストレッチのたまものだろう。

左すねの擦り傷には何とかいう透明のテープを張った。
これを貼っておけば放っておけば治る。
サインバルタのせいか、座っているだけでは痛みは全くない。

今日はダイソーで買ってきたネイルペイントで
アイアンの番号に色付けをした。
特に必要はないのだが今度のアイアンは番号が小さく
一寸判別しにくい。
6と9を間違えることは無いのだがやってみたかったまで。

白と赤と青の三色。
6,7,8に白を入れ、9に赤、Pに青を入れた。
そして今日着いた60度に青を入れた。

後、48度、52度、56度にも入れるつもりだが、今日は
寒くて納屋へ行きたくないので明日にする。

こんなことで楽しんでいます。

| | コメント (2)

2017年2月 6日 (月)

2月6日のゴルフ

今日はタナカさんが都合が悪く、ウマノさんが来てくれて
彼の友達を連れて来てくれた。

この日も暖かく良いお日和。
昨日寝る前に飲んだマイスリーが抜けきらずふらふらする。

出だしチョロ、トップ、引っかけとあらゆるミスが連発して頭真っ白。
7とか10とかを叩いて何が何だか分からない状態になった。
今になってこんなことがあるのか、と恐ろしくなった。

前半の後半から落ち着いて何とかなりだし、後半は45で収まった。
しかし酷いゴルフだった。

挙句の果てに全部終わってカートに乗ろうとしたら足を滑らせて
すってんコロリン。
左ひざをすりむきズボンに鍵裂きを作ってしまった。

お風呂にも入れず痛い足を引きずって帰るのでした。
なんともはや酷い一日でした。

| | コメント (2)

2017年2月 5日 (日)

サポーター

昨日のペインクリニックで聞いたこと。

サポーターは腱鞘炎の様な痛みには効くが関節炎にはダメだ、と。
せいぜい温めるくらいの効果だ、と。
関節炎の痛みにはきつく締めるタイプ(スポーツタイプ)でなく
保温性の物を使うと良いらしい。
2種類あることは知っていたが使い道がこれで分かった。

今日は腰も膝も調子が良い。
朝は特に調子が良く久しぶりに痛みから解放されて気持ちが良かった。
流石に昼になると腰から左すねへかけて痛みが走るが楽なのだ。

膝も昨日の注射も直後はダメだったが今日は効いている。
このまま効いてくれることを祈るのみ。

腰も少しは薬が効いてきたようで嬉しい。
痛みからどんな方法でも解放されることは嬉しいことじゃ。


| | コメント (0)

2017年2月 4日 (土)

ペインクリニック

毎月1回の通院。
薬を貰いに行く。

「前屈が出来るようになった。少し良くなっている。」と伝える。
医師は「う~ん」と考えて
「薬は今のままで行きましょう。自分で判断して減らしても構わない」

「左ひざが痛むんです」
左膝のくぼみを抑えて「ここが痛い?」「はい」
「変形性関節炎だな。なんだったら注射打ちますよ」
「はい良いですよ」
「レントゲンを撮りましょう」

トントンと話は進んでレントゲンを撮って、治療室へ。
ベッドに寝かされて膝を消毒。

ここの消毒は念が言っていてかなり広い範囲を消毒する。
以前背中にブロック注射を打っていた時も背中全体を消毒した。
別にこれでもいいのだが、アルコールも要るのになあ、と思った。

膝の左側と右側にヒアルロン酸(多分)を打つ。
これは2週間に一度しか打てないので膝が痛かったら2週間後に。
この注射はかなり痛かった。
以前整形外科で右ひざに打った注射も痛かったがそれ程でもなかった。

その時は痛みが無くなったが医院の外へ出たら痛みだしたのです。
こりゃダメだ。

| | コメント (2)

2017年2月 3日 (金)

恵方巻き

豆まきは関取に任せておいて一般家庭では恵方巻き。

ウチでもその流れに乗ろうとスシローに電話で注文しました。
スシローは以前ネットで注文し、テークアウトするということをやって
味を占めていました。
1品から注文で来て行列に並ばなくてもいいので楽です。

先日スシローへ食べに出かけたら平日なのに行列が
出来ていてびっくりしたのです。

なぜか恵方巻きはネット注文できなかったのです。
前日の夜に電話で注文したのですがOKでした。

去年はイオンの物を食べたので今年はスシローです。
11時に取りに行くと今日の注文は50人ほどだったようです。
「海鮮太巻きハーフ 550円+tax 」です。

恵方に向かってかぶりつく、という下品なことはせず
食べやすく4つに切って食べました。

今年も無事に過ごせますように。

| | コメント (2)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »