« 2016年7月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月29日 (木)

はじめて秋を感じるのは8月中旬、夜虫が鳴き出す。
なんの虫の声かを聞き取ることはできないのが残念だ。
だが日中は暫くは暑いがもう直ぐ秋だと思わせてくれる。

その後セミの声がしなくなる。
盛んにツクツクボウシは鳴いていたがヒグラシは聞けなかった。
このヒグラシの声が一番秋を思わせるのに。

そのうちに朝顔を洗う水に冷たさを感じるようになる。
いつの間にかエアコンを使わなくなる。

秋は実りの季節。
ついに食卓にミカンが乗ると秋本番です。

| | コメント (0)

2016年9月27日 (火)

9月26日のゴルフ

曇り時々晴れ。前半は風がなく蒸し暑い。後半は風が出た。

痛み止めを飲み忘れたのを終わってから気づいた。
後半一寸痛みが出たが狭窄症の症状だと思っていた。
痛み止めがなくてもそんなに支障はなさそうだ。
次回は持って行って痛みが出たら飲んでみよう。

さてゴルフの方は以前スクールへ入って習った方法が上手くいっている。

トップから右脇が右胸をこするようにクラブを振る

左ひじでそれをリードする。と言う打法だ。

極力胸が右を向いた状態をキープする。
こう書くと難しそうだがダウンスイングで右ひじで胸をこすればよいだけ。
腰を痛めていた時にいかに腰の負担を減らすかを考えていた時
この打法を思い出した。
習ったときは左ひじが曲がるような気がするので気に入らずお蔵入りだった。
また再びやってみるとこれが良い。
頭も残るしインサイドからクラブが振れる。
1WやFWはまっすぐ飛ぶ。
距離は少し落ちる気がするがまっすぐ飛べばよい。

この打法で
ウッドは上手く行ったのだがアプローチでなぜかダフる。
アプローチが寄らない。パットが打てないでスコアーにはならなかったが
良い感触が残ったゴルフでした。

| | コメント (2)

2016年9月25日 (日)

稀勢の里

私の予想した展開とは違ったが思った通り豪栄道が優勝した。
稀勢の里の悔しさはどれほどの物だろう。
カド番大関が次々に優勝したのに次の横綱と騒がれ続けた
稀勢の里だけが大関で優勝できない。
彼のプレッシャーの弱さもあろうが時の運がない。
今場所は難敵白鵬がいない。
多くの関取にとって1敗がないのと同じこと。
稀勢の里も毎場所際どい戦いをしていたのでチャンスだった。

やはり白鵬のいない場所はなんか寂しい。
大黒柱が抜けて芯を感じない。
場所に緊張感がない。
なんやかんや言われるが彼の存在は大きい。

| | コメント (0)

2016年9月24日 (土)

パラリンピック

パラリンピックで金メダルが1つも獲れなかった。
事前のもくろみは10個だったはずだから完全に予想はずれ。
中国が107個と言うからえらい違いだ。
ところがふたを開けるとこんなざま。
107対0をどう解釈するのだろう。

日本のパラリンピックの取り組みは報道によればかなりの物だ。
しかし何回もこの大会に出ている「プロ」みたいな人が多い。
歳を取っているのだ。
世界大会で良い成績を取っての期待はすべて裏切られた。
世界の取り組みが進んでいると言う報道は無い。

口惜しい「銀」。嬉しい「銅」。
もう一歩で金メダルだった決勝での敗戦は口惜しい。
3位決定戦での勝利は嬉しい。
3位と4位では扱いが雲泥の差だ。
メダリストのパレードに4位では出られない。

それにしても両方とも銅メダルが多かったですな。

| | コメント (0)

2016年9月23日 (金)

日馬富士

日馬富士と言う関取は不思議な存在だ。

何時も序盤に取りこぼして話題の中心にいないが
いつの間にかそれに割って入っている。
全勝でトップに立つことは無い。
何時も3番手くらいに付けて「まくる」タイプなのだ。
日にちが経つの連れてエンジンがかかるのかもしれない。
技のキレ味は凄い。
見ていて気持ちのよう勝ち方をする。
相撲で勝ったとき必ず相手に手を伸ばす。
白鵬みたいに土俵の外でダメを押すことは絶対にしない。
取り口がとても綺麗なのだ。
顔つきがごっついので損をしている。
これが遠藤ほどの美形なら凄い人気なのに。

豪栄道の初優勝のためには日馬富士に絶対に勝たねばならない。
今日も楽しみなのです。

| | コメント (0)

2016年9月22日 (木)

豪栄道

豪栄道が稀勢の里に勝ってしまった。
稀勢の里が今迄良い取り方をしてきたので勝つだろうと思っていた。
やはりここ一番と言うのに勝てないのでは横綱になれない。

それと日馬富士が負けてしまって1敗が居なくなってしまった。
さあ、これで豪栄道のプレッシャーは大変だ。
土曜日には日馬富士との対戦があるだろうから今日、明日でどうなるのか。
今日は鶴竜で明日は琴奨菊か。
鶴竜には勝つが琴奨菊に負ける。
そして1敗で日馬富士とやって負ける。
2敗での優勝決定戦で勝ち豪栄道の初優勝。
琴奨菊に続く「カド番大関」の優勝!!!。
大関で一番強い稀勢の里だけ優勝できないと言う皮肉な結果。

こんな展開はどうでしょうか。

| | コメント (2)

2016年9月21日 (水)

大相撲

今年になって5時ごろから大相撲を見るようになった。
それが今場所から4時すぎからになった。
久しぶりに遠藤が調子が良く、面食いの奥さんが点けるのだ。
今日は負けてしまって2敗になり平幕優勝は厳しくなった。
遠藤はこのあたりにいると勝てるが上に行くと勝てない。
もう少しファイトを表に出した方が受けるのにと思う。

豪栄道が頑張っている。
今日注目の稀勢の里との対戦。
これに勝つと優勝に近づく。
横綱に一番近いと言われる稀勢の里だけが大関で優勝できないと言う
皮肉なことになる。
こうなると稀勢の里を横綱には推挙できない。
もうそろそろ毎場所横綱、横綱とプレシャーを与えるのを止めたらいい。
気の小さい稀勢の里には重荷だろう。
こんなことを思うのです。

| | コメント (2)

2016年9月20日 (火)

台風16号

台風16号が東海沖を通過中。
最近は気象状況が早くから分かり、1週間も前から「台風、台風」と騒ぐ。

台風自体の被害よりそれによる前線を刺激しての被害が大きい。
1か月分の雨が1日で降り当然被害が出る。
防ぎようがない。

車が水浸しの道路を走る。
アンダーパスで車が沈んでいる。
川が氾濫し濁流が流れ、ウチの中が泥まるけ。

こんな同じようなシーンが場所を変えて毎日繰り返される。

今の生活では全く無縁な景色で冷静にみられるが
自分がこんな目にあったらどうするだろうと思う。
泥まみれになった家具やアルバムをどうするか。
悲しいだろうなあ。
切ないなあ。

今回も同じような景色を見るのだろうか。

| | コメント (2)

2016年9月19日 (月)

お久しぶり

冬男さんからの便りを受けてまた書く気になりました。
前回からかなりの日が経っています。
今回は続くでしょうか。

脊椎管狭窄症の治療も進み「サインバルタ」と使うようになって
かなり痛みを感じなくなりました。
椅子から立ち上がる時に軽い痛みを感じるくらいで生活には
ほとんど支障はありません。
5分くらい歩くと左脚に痛みが出てきます。
これはもう仕方がないようです。
医者に宣告されています。
ここまで治ったのは嬉しいことです。

ゴルフはスイングでは殆ど痛みはありません。
ティーアップをするときやホールからボールを拾う時がちょいと辛い。
蹲踞をするようにすれば痛みが出ないことに気づいてからそうしています。
とにかくゴルフが出来るようになりたい一心で治療してきて
やっと効果が出てきました。
もう少しです。

| | コメント (4)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年10月 »