« 2月8日のゴルフ | トップページ | 振り込め詐欺 »

2016年2月10日 (水)

下半身のリードとは

トップからの始動は「下半身のリード」と言うことは常識。
だが「下半身のリード」とはどこを動かすのだ。
普通に考えれば「左骨盤の尖った所」だと思っていた。
ここを左後ろに回す。
それを切っ掛けとしてバ~ンと振ってやる。
これで今までやって来た。
そこそこの成果はあったと思う。
これはこれで正しいのだろうがここを動かすから軸の確保や体重移動が
難しくなる。動かす所が左に寄っているせいだ。
左を意識しすぎて右肩が落ちてダフる。
右肩を落とさないようにと体が左へスエーする。
などのミスが出る。

今腰を痛め、腰を使うスイングが出来ない。
色々やってみたがこの「下半身のリード」と言うのを「ウエストを回す」と
考えると軸も動かず、降り終わってから、腕が左側へ行ってから
右脚が回ってフィニッシュを迎えると言うスイングが出来る。
骨盤の尖った所のちょっと上の骨がない柔らかい所を回す。
これで頭もインパクトまで上がらない。
下半身は完全にべた足になり力強いインパクトが出来る。
今はテークバックが腰が痛くて十分の取れなくてハーフスイングだが
当たればそれなりの距離を出してくれる。
これが理想のスイングではなかろうか。

暫くは良いのだがこれがまたおかしくなるのですね。
いろいろやってみるのです。

|

« 2月8日のゴルフ | トップページ | 振り込め詐欺 »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2月8日のゴルフ | トップページ | 振り込め詐欺 »