« お久しぶり | トップページ | あと一か月 »

2015年2月18日 (水)

自己責任

何時もは芸能人の話題が中心の「ミヤネヤ」。
宮根の人の話を聞かず、言葉を被せてくる手法が嫌いで殆ど見ない。
この日は「戦場ジャーナリスト」と言われる人を呼んでの番組なので
見てみた。

ここで問題になったのは「自己責任」ということ。
記者本人は幾ら「正義」を並べても結局は「お金」。
危険の代償で撮ってきたフィルムをマスコミに高く売ることだ。
儲かるからやるのだ。
それと危険に慣れて中毒になり、普段のぬるま湯的生活に耐えられなく
戦場と言う場でのスリルに浸りたいのだと思う。
これがお金になればそんないいことはない。

本人は「自己責任」で済むだろうが人質になり身代金を要求されれば
国は「好きにしてください」とは言えない。
対策本部を作りそれなりの対応をしなければならず迷惑千万なのだ。
渡航許可をしなかったことを責めていたが外務省が危険地域へ行く事を
知って許可するわけにはいかないことは自明だ。
行きたいのならもっと上手に渡航先を考えるべきだ。
この記者の「売名行為」という説もあるが私もそう思う。
ダメと分かっていてやって有名になりたかったのだろう。

日本人も標的にすると言われ戦々恐々。
日本で爆弾事件が起きないことを祈るが本気ならやるだろう。
大きな戦争が出来ずあちこちで争いが起きる。
怖い時代になった。

|

« お久しぶり | トップページ | あと一か月 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

対岸の火事として見ていられない時代になってしまいましたね。
ほんとに怖いです。

投稿: pansy | 2015年2月20日 (金) 20時05分

日本人が出かけて行く限り否応なく巻き込まれていくのでしょうね。「自己責任」でお願いします。

投稿: granpa | 2015年2月20日 (金) 21時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お久しぶり | トップページ | あと一か月 »