« HDMIコードで | トップページ | 「らららクラシック」なる番組 »

2014年4月12日 (土)

「スパイダーグリーンフォーク」なるもの

Photo_3

「スパイダーグリーンフォーク」なるものをget 。
頭の部分に「マーカー」が付いている。
ストラップは自分で付けた。
穴が開いてないの輪ゴムを凹みにかませそれにストラップを付けた。
税送料込1780円。ちょいと高いがオールポイントなのでタダ。

「くねくね部分」をディボットにブスッと差し込んでグリグリし、パターヘッドで
トントンするとグリーンが綺麗になると言う。

先回のゴルフでやってみた。
「くねくね部分」をディボットに差し込みグリグリと2回回すだけで良い。
とても簡単に修復できる。
特に古いディボットを修理するのにはうってつけ。
古いディボットを普通のフォークで治すのは手間がかかるがグリグリ2回。
新しく付けたのも丸いのはやり易いが芝が前へ寄っているのはやりにくい。

そのほかの感想。
ストラップ用の穴がないので凹みにゴムをかませそこに付けた。
ポケットにストライプのフックをひっかけておく。
ちょいと嵩張って重い。どうやって持たせるつもりなんだろう。

何度もディボットを修理すると
「くねくね部分」の幅が狭くなりそこに芝や
土を噛んでしまう。これは一寸厄介。取るのが面倒だ。

それと何度もやると「くねくね部分」の幅が狭くなりキャップが閉まらなくなる。
このくねくね部分でキャップを支えているようなので手で広げてやらないと
キャップが閉まらない。指が結構痛い。これはいけない。

面白い商品だと思うがまだまだ改良の余地ありでgetは?なのです。
しかし、もっと使いやすいフォークが出ても良いのですがねえ。

|

« HDMIコードで | トップページ | 「らららクラシック」なる番組 »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« HDMIコードで | トップページ | 「らららクラシック」なる番組 »