« Face Bookへのログイン | トップページ | 渋滞の基準 »

2013年4月29日 (月)

久々に見応えあり

昨日の男子ゴルフの終盤は見応えがありましたね。

松山が長いバーディーパットを決めるとD・オーも長いのを決める。
松山が28ヤードのイーグル・アプローチパットをオーバー。
D・オーはイーグルチャンスを外して楽々バーディー。
松山はそのオーバーしたエッジからのパット。
フックラインを読み切って入れる。
緊迫のバーディー合戦。
そして18番。
D・オーがバーディーパットを外し松山が難しいラインを入れて・・。

楽なバーディーパットではなく長かったり難しかったりするパットを決める。
マッチレースの緊迫感あふれた試合だった。

勝つ時はこんなもんかもしれないが神がかりとも言えた。
こういう試合をやってくれれば人気も上がります。

尾崎が話題を作り若い松山が世代交代を見せつける。
松山は石川に比べ体もしっかりしている。
石川くんと同じようにこれからの道は厳しいだろうがゴルフ界の救世主には
当面なるだろう。
スターが生まれるのはこういうケースだ。
持続することは難しかろうが活躍を祈るのみ

|

« Face Bookへのログイン | トップページ | 渋滞の基準 »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

関係ない話で恐縮ですが、
仏教についてのおもしろいお話があります。
仏教の根本の教えは心と行いのやすらぎでした。
ブッダと仏弟子の感動の物語がたくさん書かれています。
たまには仏教の物語もおもしろいですよ。
以下のサイトをクリックしてください。

http://bukkyo.wiki.fc2.com/

投稿: abe | 2013年4月29日 (月) 17時19分

コメント、ありがとうさんです。
仏教の根本の教えが「やすらぎ」とは知りませんでした。
今迄どのお坊さんもそんなことを言いませんでした。
一度ゆっくり読んでみます。

投稿: granpa | 2013年4月29日 (月) 18時39分

私もTVにかじりついて見ていました。

オープロは落ち着いていて勝つオーラが出ていましたが、それ以上に松山Pの優勝への気持ちが強かったということでしょうか。
記事によると18番はティーショットでわざと距離を落として2打目を先に打っていいところに付けて相手にプレッシャーをかける作戦だったらしいです。
(作戦通りにいくのもすごいのですが・・・。)

東建で見た生松山Pは日本人離れしたがっちりした体格で力強さを感じました。
プロで現役大学生でゴルフ部のキャプテンで・・・すごい!

投稿: パンジー | 2013年4月29日 (月) 21時55分

私もです。
あんなに「真面目」にゴルフを見たのは久しぶりです。
良いものが見れた、と言う感じですね。
生松山を見れたのですか。羨ましい。
彼なら外国人の体型にも近く体力もありそうなのでやっていけそうですね。
石川くんは体がないのが気の毒です。
それでも健気に戦ている姿は立派。
がんばれ、若造!です。
また寄って下さい。

投稿: granpa | 2013年4月30日 (火) 07時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Face Bookへのログイン | トップページ | 渋滞の基準 »