« プレー代の値上げ | トップページ | S&Tの練習 »

2013年1月15日 (火)

練習場と言う所

練習場で「開眼」したことは何度もあるがコースへ出ると1番ホールで
その期待は打ち砕かれる。その後は焦るばかりで終わる。
練習場ではさっぱりでもコースへ出ればビンビン当たることもある。
ある程度打てるためになる練習は必要だが打てるようになれば不必要だ。
練習なんて何の役にも立たない。よくみんなやってるなあと思っている。

ただ暫く間隔が空いてしまった時はボールを打つ感覚を呼び戻すために
打っておくことはよかろうがその結果は気にしないことじゃ。
また新しい打ち方を試してみたい時くらいかな。

スコアーが悪いと何時も「練習不足」というが果たしてそうか。
同じミスを何回もするというのは記憶力が悪いだけだ。

練習が必要なのはバンカーとアプローチ。
バンカーはコースでも1ラウンドで2,3回しか打つことがなく経験が少ない。
「バンカーは一番簡単」とかいうが打つ経験がなくては上手くなる訳がない。
これは練習しなければ上手くならないが普通の練習場にはこれがない。
バンカーすらない練習場なんてナンセンスなのだ。

アプローチにしてもグリーンに落ちてからの転がり具合が分かる練習場は
ない。10Y、20Y、30Yのキャリーは練習できるが落ちてからの転がり具合
が分からず何の練習にもならない。
キャリーとランの比率を、とか言うけどそれが分かる所がない。

プロはこういう練習をコースでやれるから上手くなる。
ただボールを打つと言う感触を得るためのものと言うとらえ方なのだ。
我々はコースでの経験から学ぶしかない。

私がたまに行く練習場にはバンカーがあり30分単位で練習できるが
何時行っても空いていて十分に出来る。30分もやると腰が痛くなるが。
使用は無料で使ったら綺麗に均しておけばよい。
ボールは自分のボールなので全くタダなのに誰も練習していない。
貸切で練習できる。

しかしここは50y位が谷と言うほどではないが凹んでいてアプローチの
練習は出来ない。それに適した練習場もあるが不便で遠い。困ったもんだ。
なんでこんな練習場を作ったのだろう。素人が作ったとしか思えない。

良い練習場がなければコースで学ぶしかないのだ。

|

« プレー代の値上げ | トップページ | S&Tの練習 »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!

練習場でのアプローチでは仰せのとおり転がりはわかりません。
小生は30ヤード以上のショットもそれ以下のピッチ&ランも落としどころだけねらいをつけてやってます。
グリーン上のころがりはゴルフ場によって、又は芝によって異なりますから、慣れてない倶楽部ではラウンド前の練習でしか解りません。
バンカーもシビアーなこと言ったら天候、砂質
でちがいます。
しかしながら練習場でいろいろ打ちこんでいれば、体で覚えること、並びにその場の状況に対応しやすくなるとは確かだと思っているのですが.....、おかしいですかね。

投稿: Akitakenken | 2013年1月15日 (火) 19時43分

グリーンの状態に左右される転がりは現場で回数をこなして記憶するしかないでしょう。
私は記憶力が悪いので何度も同じミスをします。
この頃やっとそれに気づき打つ前にこれからこうやって打つぞと言い聞かせます。
そうでないと今どうやって打ったのか記憶に残らないのです。
体が覚えるほど練習すればいいのでしょうがちょっと無理では。
難しいですねえ。

投稿: granpa | 2013年1月15日 (火) 19時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プレー代の値上げ | トップページ | S&Tの練習 »