« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月30日 (日)

良いお年を

今年は今日でお終いです。
新年は1月4日から開始する予定です。

沢山の方にお出でいただきありがとうさんでした。
少しは「タメ」になったでしょうか。
気が付いたことがありましたら遠慮なくコメントを入れて下さい。

さて、今年も色々なことがありました。
私にとっては余り良い1年ではありませんでしたがゴルフはちょと光が
見えています。老骨に鞭打って頑張りましょう。(何のために?)

私にとっては唯一の社会との接点です。
何の役にも立たないことですがお金を使うと言う点では社会貢献を
しているのでしょう。

また来年楽しいゴルフが出来ますように。
皆様、良いお年をお迎えください。

| | コメント (2)

2012年12月29日 (土)

メール便

先日今年の冬はことのほか寒くそれ用のグローブが欲しかったので
あるショップで「防寒ゴルフグローブ」を買った。

ところがいつまでたっても到着しない。
グローブなのでメール便で頼んだので到着がちょっと遅くなることは覚悟
していたが1週間たってもつかないので佐川急便に問い合わせようとした。

クロネコはメール便でも「追跡」できて「投函」となれば自宅の郵便受けに
入っている。
佐川はメール便は「追跡」できない事が分かった。
「こりゃいかん」とウチの担当営業所を調べて電話をかけた。
呼び出し音が鳴り暫く立つと
「今電話が込み合っていますので暫くお待ち下さい。チンチロチンチロ・・・・」。
フリーダイヤルではないのでこの待ち時間に料金はかかる。
ちっとも出ないのでかけ直すと同じことの繰り返し。
安くメール便にした甲斐がなくなるのだ。

どうせ電話は1台しかないだろうに電話が通じるのに「込みあっています」
とはどういう事だ。こういう装置があるのだろうか。

数度やって頭へ来て本社へメールで抗議した。

まもなくその営業所から電話が入った。
ここはちゃんと連絡が付いたらしい。変だなあ。

注文番号を言う。「調べます。」
暫くして「該当の商品はありません」「メール便だよ」「メール便ですか~」

ゴルフショップへは番号が違っているかもしれないと事前に問い合わせをして
現地の営業所が受け付けたことは確認してある。

配達の途中で行方不明になったと考えられる。
「調べます」と言う言葉を信じ後の連絡を待つ。

今朝郵便受けに封筒が入っていた!。

これだけのことをしたのだから一言くらい挨拶があってもしかるべき。
先日挨拶のことを書いたばかりなのにこの有様で情けなくなった。

こういう場合無くなったらどうするのだろう。
宅配便の業者が弁償すると思われるのだが・・・。
今迄メール便で商品が来なかったことは1度もないので安心していたが
業者によっては危ないのかなあ。

| | コメント (2)

2012年12月28日 (金)

朝起きる時

何時からか朝起きた時、かけ布団と毛布を4つ折りたたみ足元に置き、
枕をその上に置くのが起床の儀式になった。

若い頃ユースホステルや公営の宿泊所に泊るとこれが義務化されていた。
その時は義務としてやっていて何も感じなかったが今それをやってみると
妙に清々しい。起きた後かけ布団が乱れた状態のままでは気持ちが悪い。
ちょっとのことで気持ち良くなるのだ。

そのうち奥さんもそれに習ってやる様になった。

2組の布団が足元にたたまれていて枕が乗っている。
寝ると言う状態から決別してさあ起きるぞ、という意思がある。

これは整理整頓の基本ではないかと思う。
子供がいる家ではぜひ子供にやらせると良い。
やりっぱなしで片づけないと言う生活習慣を改善する第1歩だと思う。

| | コメント (2)

2012年12月27日 (木)

あいさつ

いい大人が「メリクリ」だの「あけおめ」などと言うのを聞くと「はりせん」
したくなる。あげくの果てに「クリぼっち」だと!。(一人ぼっちのクリスマス)
こういう言葉は若い人たち同士で使うもので「大人」が使うものではない。

中年を過ぎればジョークを言っても「おやじギャグ」とバカにされるだけ。
余程のことがなければ何をやってもダメなのだ。
妙に若者受けを狙う根性が悪い。

真面目な話をすれば「お説教」となる。

そんなことよりどんな時でもちゃんと挨拶をしよう。
大人らしくきちんと挨拶をするのだ。

25日の朝、ATMに行ったら行列が出来ていた。
連休明けでかな、と思ったら25日は給料日だそうだ。
そう言えば一般の会社は25日だな。

私は公務員だったので16日。それに「振込み」ではなかった。
まだ現役の頃は振り込みか手渡しかの選択ができ手渡しを選んでいた。
毎月の給料を袋ごと奥さんに渡し感謝の言葉を聞くと「頑張ろう」という気に
なるが「通知書」だけでは味気ない。
ボーナスではじめて「封付き」のお金をもらった時は嬉しかったな。

そんなことよりATMの行列。
私の前には60歳前後の人が居てその人の順になるとあちこちに振り込んで
時間がかかった。ちょっとイラついたくらい。
終わった時「お先に」とか「お待たせ」とかの挨拶を期待したが何もなく行って
しまった。ここで一言挨拶が出来ないかなあ。

高速道路などの料金所でかっては人が居てお金を渡していた。
こういう場所でも「ご苦労さん」とか「こんにちわ」と声をかける。
ゴルフ場の清算まで自動清算機が入るとは思わなかった。
フロントの女の子と取り留めもない話をする機会もなくなった。
機械に「ありがとうございました」と言われてもちっとも嬉しくない。

どんどん人と話す機会が減る。
せめて何でもない所でも声をかけたらどうなんだろうか、と思うこの頃。

| | コメント (4)

2012年12月26日 (水)

年賀状

今年は「喪中」なので年賀状はなし。

毎年富士山の写真を中心に工夫してきたのだがそろそろネタ切れだった
ので良い充電になった。

ウチのプリンターはキャノンPIXUS iP4100 と言う機種。
もう買ってから6,7年になるかな。
買った当時は色が綺麗に出る物だったが今は気に入らない。
思うような色がどうしても出ない。
色々調整できるようにはなっているのだが上手くいかない。
そろそろ買い換えるかなあ。

インクも高いので汎用品や詰め替え用を買って使ってみた。
そのせいか色が気に入らないので純正に換えてまあまあの色が出た。
やっぱり純正品は違うと思ったら紙にもよって違うようだ。
年賀状もインクジェット用や光沢紙対応も出てきたが高いなあ。

何時もはこんなことに悩みながら適当な所で妥協してきた。
写真屋の様な綺麗なものは無理としてももう少しましなものにしたい。
やっぱりプリンターだろうなあ。

年賀状は相手からも来ないわけでちょっと寂しいお正月です。

| | コメント (2)

2012年12月25日 (火)

全国高校駅伝の外国人選手

先日京都で恒例の全国高校駅伝が行われた。
男子は初出場の豊川高校がぶっちぎりで優勝した。
選手7人中5人が仙台からの移転選手だったそうだ。
それはそれでいいのだがその勝ち方に?が付く。

3区だったか、留学生なる外国人が2位でタスキを受け取ると物凄い勢いで
先行者をとらえ一気に抜き去りかなりの差をつけ優勝を決定づけた。

広島代表の世羅高校も外国人が10人くらい抜いて上位に入った。
2位の西脇工業高校には外国人はいなかった。

一人の外国人の選手により順位が決定してしまう。
高校の部活動の結果としてこれでいいのだろうか。

箱根駅伝でも山梨学院が何時も外国人が活躍するが一人の走る距離が
どの区間も長いので全体に影響は出ていないが有利に働いてはいる。

外国人の出場者の制限はあるとはいう物の高校駅伝のように区間の短い
競技ではかなり有利になることは間違いなく勝つためには外国人を入れる
という作戦が広がるだろう。

別に「純潔」さを求めているのではなく他の選手の力は拮抗しているのに
一人の外国人で決まるような競技のあり方がおかしいと思う。
箱根駅伝の「山の神」の様な日本人の優れた選手がいることは許されるが
外国人となると抵抗を感じるのはおかしいかな。
これも大学だから「諦め」が付くが高校ではここまでやって勝ちたいか、と。

高校の部活動と言ってもいわゆる「有名校」は地元の生徒ではない「輸入
選手」で溢れているらしい。
高校野球では地方の高校は殆ど他県の出身者と聞く。
他の部でも地方の中学校へのスカウトで優れた選手を集め勝つ。
それで勝てば「名門」と呼ばれ監督は「名伯楽」となる。

もっと清々しく戦って欲しいのだが勝つ者のみが讃えられるのだから
仕方がないか。
プロやそれに近い連中の戦いなら分かるが高校生の試合では・・・。

| | コメント (0)

2012年12月24日 (月)

株主優待なるもの

今年の6月ごろ「株主優待」なるものがあると知って調べてみた。
8株まで1株に付き毎年2枚、1枚3500円の優待券が出るらしい。

今は税金が免除されて5500円位でプレーしているのでこの優待券を
使えば2000円位で年16回プレー出来ることになる。
約半分は2000円でプレーできるのは魅力的。
もっと早く知っていればもっと安くプレーできたのに。

6月までに株を買えば9月から利用できたのだがそれには間に合わず。
8月ごろ値段を見たら1株6万円前後だったので50万円を入れて8株買った。
この時期に買うと翌年の4月以降しか優待券は使えないのでその頃買う人は
少ないらしかった。

ところがその後ある会社を買収するとのことで株の値段は跳ね上がり
74000円まで上がってしまった。
1株14000円の値上がり。これは2年分の優待料金。
使えるかどうかわからない優待券よりこの利益をまず確保したらいいのか
迷う所なのです。
買収が失敗したら暴落するのでしょうか。
株のことは全く知らないのでどうしたらいいのか迷うばかり。

| | コメント (2)

2012年12月23日 (日)

フィニッシュの姿

10_e2

これなんだと思いますか。
富士山の真上からの衛星写真だそうです。噴火じゃなくて笠雲です。
2012年の「ベスト・オブ・衛星写真20」の中にこれと東京スカイツリーの
2枚の写真が日本からは入ったそうです。(カラパイアより引用)

さて、今日のテーマはフィニッシュ。
ゴルフの上手な人と下手な人との差は「フィニッシュの姿」。
勿論アドレスの格好を見ればある程度は分かるのだがフィニッシュの姿の
違いは歴然としている。
作ったフィニッシュと自然にそうなるフィニッシュは違う。
どうやったら綺麗なフィニッシュになるのだろう。

ダウンスイングでバンプしてから腕を振る。
そして一気にフィニッシュまで、と思うのだが上手くいかない。
3時の位置くらいで止まってしまうか煽ってしまう。

上体が先に起き上がると絶対に綺麗なフィニッシュは作れない。
腕を振るにしても下半身の力で振らなければいけないのに腕力で打ちに
行ってしまう。グリップエンドがおへそを向いたまま回転しなければならん。
そのためには下半身がしっかり踏ん張っていなければいけない。(ベタ足)
シャフトが4時の位置に来るまで体が開いてはいけない。
そのためには物凄く開くのを我慢しなければできない。
胸を右下に向けたまま振る(腰を回転する)感じなのだ。
そして右腰のターンで体が正面を向きクラブが上へ上がりフィニッシュ!。

これが綺麗なフィニッシュの作り方と思うのですがどうでしょう。
分かっていても出来なければしようがない。
これを覚えるのが練習でしょうか。
綺麗なフィニッシュ目指して頑張るかな。

| | コメント (0)

2012年12月22日 (土)

今年のゴルフ・総括

10日のゴルフが潰れ、17日も急な名古屋行きで潰れた。
その後寒い日が続き最高気温も10度を下回り、最低気温が0度とかいう
日が続いて行く気がしない。
この後もクリスマス寒波とかでこんな日が続くようなので3日のゴルフが最終
となりそうだ。

終わり3回くらいがスコアー乱高下のゴルフだったので少し後味が悪い。

パターを中尺から長尺にしてみた。
中尺はグリップエンドをお腹に付けるので違和感があった。
ポロシャツのおへその部分が汚れるのが気に入らない。

長尺は方向性はなかなか良いのだが重いのが気に入らない。
これらを使ってから普通の長さのパターを持つとその軽さに驚く。
こんなに軽いのか、と言う感じ。
長尺を使って良かったのは、手首を使わなくなった。
肩か丹田でパターが振れるので気持ち良く振れる。
長尺・中尺が禁止になっても何時でも帰れる感じがする。

長尺が禁止になるわけではないが打ち方が監視さるようでいやだな。
「今ウインドブレーカーに触ったな」とパートナーは言わないだろうがそれを
気にしてプレーするのはどうかなあ。
こんなことを気にするよりいっそ短いのに変えた方が良いみたいだ。

中尺を長尺の様なスタイルで打つ手もあるな。
少しライ角を直さなければいけないかも知れない。
それまでしてやるメリットがあるか考えてみよう。

打ち方は「IN・UP打法」を開発して良くなった。
芯に当たるようになり距離が伸びた、というか番手通りの距離が出て
飛距離が安定してきた。
もう少し方向性に気を使えばパーオンが増えパーやバーディーが増える
だろう。アドレスでの向きにもっと気を使おう。
ハーフでパー3つ、バイディー1個を目標にしよう。

今年のゴルフのまとめはこんなところ。
来年もチーム・タナカでのゴルフが主になるだろう。
上手な人たちなので遣り甲斐がある。

あと何年出来るかな。
せめて75歳までは今の感じでやりたいのだが。

| | コメント (0)

2012年12月21日 (金)

久し振りの新東名

先日の名古屋行きは当然新東名で。
今年の開通以来もう何度も名古屋行きがあり利用しているが慣れたことも
あるのか本当に走りやすいと感じた。
この10年でこんなに頻繁に名古屋へ帰ったことはない。
波乱の1年だった。

東名の頃は走り疲れて2度は休まねばならなかったが今は途中で1回トイレ
休憩を入れるだけ。時間も20分くらい短縮された。

A地点からB地点へ行くのに真っ直ぐ行くと長く感じる。
途中で曲がる回数が0回より1回。1回より2回の方が変化がついて距離が
短く感じる。

その理屈で丁度中間地点の三ケ日で新東名と旧東名が入れ替わることで
変化が付き飽きずに走行できる。

特に帰り(名古屋から新富士)の方が走りやすい。
豊田から狭い3車線で60km規制。
誰も守っていないが道は混んでいて走り難い。気を遣う。

東名を走る約3分の2がそのまま東名に行き新東名に入るのは約3分の1。
だから新東名に入るとガラガラ状態になる。巡航速度は10kmは違うな。
また貨物車が少ないので走りやすい。
御殿場までの途中のICで降りる車は少なく通過車両だけで貨物車の殆どが
旧東名沿いのICで降りるようだ。

夜の新東名は真っ暗で走り難い。
トンネルに入るとその明るさにホッとする。3車線で広いのも良い。
出ると真っ暗な中に入るのが怖い。
先行車の赤いテールランプがぽつんと見えるだけ。
以前はガードレールにLEDの灯りが付いていたように思うのだが。

この後も名古屋へ行く機会は多くなるのだが山間部を走るので雪や凍結は
大丈夫なのかな。

便利になった途端に名古屋へ行く機会が増えたのは神の思し召しか。

| | コメント (0)

2012年12月20日 (木)

名古屋の家

ウチの奥さんは継母が住んでいた家を望んで相続した。
評価額28万円の平屋だったが土地もついてきたので税金はがっぽりとられた。
ここは奥さんが結婚前まで過ごした所で彼女にとっては思い出が詰まっている。

彼女は「父親っ子」でいっぱい思い出が残っているこの家は何としてでも確保
しておきたい場所なのだ。何時かは帰ってこようと言う気持ちがあるらしい。
それが人手に渡ったり壊されるのは我慢できずかなり無理をしてでも手に
入れたかったようだ。

これで住む予定がない家を2軒も持つことになる。(隣同士)
人に貸したらどうかと言うのだがその気は全くない。
子供が気に入った玩具を手放さないのと同じなのだ。
そのために今の生活が窮屈になっても我慢できるらしい。
今の所何とかなるので好きなようにさせてはいるが無駄遣いであることには
違いない。

その家がブロック塀なので地震対策としてはよろしくない。
近所で幼馴染の店でそれも含めてリフォームをすることにした。
丁度兄の件もあり名古屋へは来るのでこのこともついでに進めることにする。

早速業者と打ち合わせ。
信用できそうな誠実な感じの人だった。
ウチを作った大工さんはもう生きていないし離れた所なので心配だったが
こっちは目途がついてやれやれなのです。

| | コメント (0)

2012年12月19日 (水)

その後

別れた後奥さんと落ちあい外で食事をしていた時電話が入った。

「がんセンターの知り合いに聞いてみたが結論は同じとのことだった」

陶生病院と国立病院での診断は同じだったががんセンターでの診断は
受けていなかったので勧めてみた結果を知らせてくれた。
がんセンターは国立病院と提携しているので診断が異なることはないと。
がんセンターでの治療は強い抗がん剤での治療で一旦は回復するが長くは
続くものではないとのことで今迄と変わりはなかった。

電話を切った途端、急に涙があふれ店で人目もはばからず泣いてしまった。
奥さんは黙ってハンカチを呉れた。
「泣いたのを見るのは結婚式以来2回目」と。
結婚式では元気になった母の姿が嬉しくてなぜか涙が溢れて止まらなかった。

それ以来の涙だった。40年ぶりか。
私は結構涙もろいが人前でなくことは殆どない。泣く時はこっそり一人で。
まして涙がふさわしくない場で泣くことはない。
この時はそんなことに構っておれず肩を震わせた。

ひょっとしたらもう会えないかもしれない。
今迄会えると言う事が自然であったことが特別なことになった。
5人の親を送り死に対する気持ちは分かっているが兄弟となると違う。
親とは違う身近な存在で事故とか手術を伴う病気でなく今目の前で「元気」
でいる人が生死を彷徨っているとは信じられない。
兎に角理屈ではない何かの感情が湧き出てきてしまった。

これで私も吹っ切れた。
あとは自分ができる事をしてあげよう。
ひょっとしたら誤診であることを期待しながら。

| | コメント (0)

2012年12月18日 (火)

兄宅へ

兄宅へ午後到着。家へ入るとまず「マスク」をする。

22日間の入院で全く食欲がなく点滴で栄養補給をしていたと聞いていたが
すっかりスリムになっていたが顔色は悪くはなかった。
ウチに帰って食欲が戻った、と言っていた。

何時ものように「やあ、久し振り。元気なようだな」とのお出迎え。
待っていたように医者の「所見書」を見せてくれた。
医者としては色々治療をしたいのだろうが本人がそれを望まないならやむを
得ないと言うような「弁明書」みたいなものだった。
言ってみれば「死の宣告書」でそれまで好きなように過ごしなさい。
私は知りませんよと言う感じに受け取れた。

浜松SAで買ってきた「フルーツパン」を美味しそうに食べてくれた。

どんな話をしたかはよく覚えていない。とりとめのない話をしたのだと思う。
まだ掛かってないがんセンターでの検査を勧めたのは覚えている。
知り合いもいるとのことで話は付きやすいと思う。

こういう状態になると占いとか先祖の供養がどうのという怪しげな宗教が
入り込んでくるので注意しなさいよと言っては見たが藁にも縋りたい者に
とって宗教はある意味救いになるかもしれない。
変にお金をせびるものでなければ心の平安が得られるかもしれない。
キリスト教関係のホスピスはここの点をきちんと押さえている。

兎に角兄は何事も理論整然としていて隙がない。
この件も大方の調査は既に済んでいて自分の境遇を受け入れられる
境地に達しているようだった。この短い期間でのこの対応は凄い。
自分だったら到底できないことだと思った。

外へも出られないのなら「ブログ」でもやって闘病記を書いたらどうか、と
勧めてみたがパソコンは好きではないらしい。
この年代は概してそうで抵抗はあるようだ。

2時間ほど居てあまり長居をすると疲れるだろうと思い帰ることに。
帰り際に初めて「握手」をした。しっかり目を見つめ強く握った。
予定していた「また来月に来るからそれまで生きていろよ」は言えた。
妙に心が落ち着いていて平静だったのは不思議だ。
がんセンターでの診断に期待があったせいかもしれない。

| | コメント (0)

2012年12月17日 (月)

兄が白血病で・・。

3つ歳上の兄が白血病で余命幾ばくもないとの連絡が入った。
医者から「来年の桜は見られない」と。
風邪などをひいたら抵抗力がないのでそれまでも持たないかもしれないと
言われたそうだ。
昔はがんでも本人に告知するのかどうかで論争があったが今はそうでは
ないらしく何でもあけっぴろげにするらしい。
治療をしても1年余分に生きられるかどうかでその治療も辛いらしいという
事でその治療を断って家へ帰ったと知らされた。

右目が見えにくくなったとは聞いていた。
喪中のはがきが着いて香典を送ってくれた時に電話で話をしたのはつい
1か月前のことだ。それが急にこんなことになるとは。

電話を入れるとウチから出られないので「退屈だ」と屈託がない。
何時死ぬかもわからず死期が迫っていると言うのはどういう気持ちだろう。
あちこち手術をして痛い目にあったわけではない。
寝たっきりでスパゲッティー状態になっているわけではない。
普段の生活は一応出来るが好きなことを出来る訳ではない。
身の回りの片づけをしその日が来るのを待つのだが強い精神力がいる。

それを目の当たりにしている家族はどんなに辛かろう。
会ったらなんと言えば良いのか。
一緒に何をしたら良いのか。
別れ際になんと言えば良いのか。

兄とは良くケンカもしたが私をとても可愛がってくれた。
ここにも書いたが古希の時のプレゼント・思い出のファイルは凄かった。
(「70歳」参照されたい)

ウチの奥さんの親友も白血病で亡くなった。
闘病生活が長くても元気な様子だったが突然知らされて奥さんはかなり
ショックを受けていた。

早速お見舞いに行くことにした。気が重い。

別れ際の言葉を考えた。「また来月来るからそれまで生きてろよ。」
言えるかなあ。

そんなことで今から行ってきます。辛い旅です。

| | コメント (2)

2012年12月16日 (日)

TUTAYA

クリスマスのレコードを買いにTUTAYAへ。
今はレコードを売っている所はこういうレンタル屋しか思い当たらない。

以前はビデオを借りて映画を見たものだが最近は全然見る気が起きない。

映画は「娯楽」と考えている。
お金を出して時間を潰してまで深刻になりたくない。
若い頃は「灰とダイヤモンド」とか「人間の条件」「砂の器」とかは見た。
見た後のやり切れなさはたまらない。
何ともならない無力感を感じるだけだった。

映画館はあの大音響に耐えられない。

今は見るならコメディーだが面白い物がない。
何でもかんでもCG全盛で撮影の苦労やテクニックを見られない。

それはそうとしてTUTAYAへ行った。
入口にクリスマス関連のCDが並べられていてが全部レンタル。
売り物はないかと探しても見当たらない。
係りの人に聞くと「さあね~。あったかなあ~。」と探し回る。
結局子供向きのCDが1枚見つかっただけで我々向きのものは無い!。

今や音楽は借りてダビングするかダウンロードする時代なのだ。
レコードをウチのコンポにかけて聞くのは遅れていると言う事か。
クラシックはまだ残っているのだろうがPOPSはこうなっているようだ。

結局何も買わず借りずすごすごと出てきた。
ウチはまだCD・MDの時代でMDすら売ってないのだよ。

| | コメント (0)

2012年12月15日 (土)

クリスマス

今日、奥さんは静岡市へお買い物に行った。
大抵の場合は一緒に行くのだがゆっくり気兼ねせず買い物をしたいだろうと
思い駅まで送ってJRで。

ここからは特急富士川で40分くらいかかるが1本ではいける。
名古屋や西へ行く時もこれで静岡へ出て新幹線の「ひかり」に乗る事になる。
新富士は「こだま」しか停まらないので結局静岡で乗り換える。
静岡から名古屋まで「こだま」で行くと途中待ち時間が長く追い越される列車
の数は半端ではない。このストレスより乗り換える手間を選ぶ。

奥さんは子供や孫たちの誕生日やクリスマスのプレゼントが大好き。
娘のダンナの誕生日にも贈っている。

娘の誕生日だからと言って娘へのプレゼントだけでなくその家族全員へ
なにがしかの物を贈るので年数回のプレゼント選びになる。

さすがにこの辺ではもう選ぶ物がなく静岡まで出かけるか場合によっては
東京か名古屋まで足を延ばしている。
趣味か生きがいか分からないがこうして出来るだけ幸せだろう。

私への物も当然あるのだが「ベルト」をリクエストした。

お気に入りの「グレーのベルト」が見つからない。
ウチ以外でベルトを取るところと言ったらゴルフ場のお風呂場しかない。
ズボンを履き替えるので服を脱ぐ時にベルトを抜く。
入浴後に履いたズボンが腰にぴったりしていてベルトをするのを忘れ、籠の
中に忘れたとしか考えられないのだがゴルフ場に聞いても「なし」。
失くしたことが悔しくてしようがない。
今でも諦めがつかないのでこの際買って貰おうかと。

さてさて、奥さんへのプレゼントは何にしよう。

| | コメント (0)

2012年12月14日 (金)

手作業

最近のTV番組で工場見学的な番組が多い。
放送するメーカー・工場とのタイアップで製作費が安くつくからだろう。

物凄いスピードで製品が生み出される。
この内消費されるのはどの位なんだろう。
廃棄される分まで料金に乗せられているのだろう。

それはそれで興味深いのだが殆どが自動化されているのに思わぬ所での
手作業が面白い。
マックのパンの工場でパンを捻るところは手作業だった。1作業2秒とか。
こんなことは機械でもできるだろうと思うが変な所に手作業が入る。

東南アジアの工場では機械でやるより手作業にした方が雇用対策になり
工賃も安いのだろうが一日中の単純作業は私にはできない。

クレぺリン検査で繰り返しの作業に向いている人が分かることは知っている。
同じ作業をすることで安心感が持てるタイプの人だ。
創造的な仕事ではなく繰り返し同じ作業をすることでそれに熟練することに
満足感を味わえれる人は確かにいる。
そこまで検査をやっているとは思えないが向いてない人には地獄だろう。
どうやって人選しているのだろう。
人材派遣でやらされて向いてなければやめなさい、なんだろうか。

| | コメント (0)

2012年12月13日 (木)

水漏れ事件

朝8時に「ピン、ポ~ン」。何事か。宅配にしては早すぎる。

開けると下の階の住人が「洗面所で水が天井から漏ってきます」と。
洗濯機やお風呂、トイレ、洗面台を見ても床には水が浮いてはいない。
これは床下か、と言うことで管理会社へ電話を入れる。

ここはJA不動産で非常に対応は良い。
ここは築11年だがほぼ満室なのはこの対応が良いからだろう。

すぐ担当者と業者が飛んできて調べだした。
ウチは3階だが2階の洗面所、1階の押し入れに水が出ていると言う。

2階、1階には天井裏がなく配管の故障等は上の階から床をめくらないと
分からないと。唯一お風呂場には中を除ける窓があった。
あちこち調べていたがどうもお風呂の排水溝辺りが怪しいらしい。
そこに小さなずれが出来ていてそこから水が漏れるらしいと言う事で
部品を交換して様子を見ることにする。
老朽化や地震での配管のずれは起きるだろう。

ところがその部品が入手するのに少し時間がかかるらしい。
その間ウチのお風呂は入れないと言うがそれは困る。

担当者は困っていたがそのうち消えてしまった。
小1時間たって帰ってきてごちょごちょやって「はいできました!」と。
「入居者がいない部屋から部品を外して来てここへ付けました。
上手くいきました。お風呂は使えます」

中々の機転に感心。勿論その部屋へは後から部品を付けておくそうだ。

これにて一件落着だが最上階はこういう心配はない。
階上の足音がうるさいと言う事もない。
ただ上がるのに苦労はするがこれも運動だと思えばよい。

ウチの奥さんは今回はウチの責任ではないが一応挨拶はしておく、と
出て行った。
下の階の人も不可抗力だと言うことは分かっていて文句は言わない。
こういう時にごねる奴が居て困るのだがここは良い人ばかり。
やれやれ。

| | コメント (0)

2012年12月12日 (水)

期日前投票は

選挙の度に「期日前投票」なるものが行われる。
以前は「不在者投票」と言われていたがそれとは同じなのか、違うのか。
それが選挙の期間朝8時半から夜の8時までず~っと行われるがそんなに
長くやる必要があるのだろうか。
勤め人が朝8時半に来るとは思えない。
まして主婦がこんな時間に来るのかな。

これでどれ程投票率が上がるのかについての公表はない。
時間帯でどんな人たちが来ているかの分析はあるのだろうか。
選管が「やってますよ」というパフォーマンスの様な気がする。
投票所1か所に7,8人の人が配置される人件費をはじめ経費はバカになら
ない金額だと思う。
どれくらいかかっているのだろう。
先日の静岡の原発の住民投票ですら何億と言う経費が必要とされた。

当日不都合な人は居ることは間違いない。
その人に投票の機会を与えることは悪くない。
以前の不在者投票は期間も短かったような気がする。
投票に行く気がある人は期間がもっと短くても都合をつけて行くだろう。
会社も投票のための遅刻は認めている。
いくら期間が長くても行く気がない人は行かない。

期日前投票が悪いのではなく政治に対する気持ちの持ち方の問題で時間を
長くしたからと言って投票率が上がるとは思えない。

節約、節約と言いながら無駄なお金を使っている。

| | コメント (0)

2012年12月11日 (火)

12月10日のゴルフ

月曜日は恒例のチームタナカでのゴルフの日。
この日は最低気温0度。最高気温9度という真冬並みの寒い予報。
行き道が凍結していなければ良いがと不安だったがタナカさんから中止の
連絡。寒さだけではなく何か不都合があるらしい。詮索せず。
枠を残しておこうかとのことだったがこっちも寒さにビビッて止めちゃった。

寒さ対策は下着、靴下、カイロは勿論、耳当て、右手の毛糸の甲当て。
ウエアーは薄手のタートルにセーターに限る。
機能下着のお蔭で薄着でもゴルフができるのは嬉しい。
一応ウインドブレーカーは持って行くが
カシミアのセーターを着て行けば風が
少々あっても寒くはない。カシミアは値段が高いだけのことはある。

最近のスライス球が気になっている。
自分の分析ではまずボールの位置。中へ入っているような気がしている。
次にトップが低くなって左肩が入らず体が捻じれていない。
下半身のリードも足りない。
この3点で何とかなる筈だ。

今週中の暖かい日にフリーで行って調整してみよう。
こういう事を打ちっ放しで練習してもそこでは出来てもコースでは出来ない
ことが多くて役に立たない。
コースへ出て調整してみたい。

| | コメント (0)

2012年12月10日 (月)

マクドナルド開店

マクドナルドの大規模な独立店が出来た。
広い駐車場がありそこらの店とは違う規模なのだ。
そこは良く行くスーパーMAXバリューの斜め前で消防署の真ん前。
別に消防署の前が決め手ではなかろうが近くに高校もあり工場街でそれ
なりの勝算があるのだろう。

私はマックへは1度しか行ったことがない。
余りのまずさに辟易したのだ。
あれは食べ物ではなく「えさ」だと思った。

どこのマックでも行列が出来ていてどうしてだろうといつも思う。
近くのマックでのドライブスルーはいつも車が並んでして休日などでは入口
まで車が溢れて渋滞しているほどなのだ。
(この辺では朝晩の通勤時以外に渋滞は起こらない)
安いのだろうがあれこれ頼めば400円から500円くらいしてしまうだろう。
それならすき家とか松屋へ行けばお腹は満たされる。
それともあの味の中毒にでもなっているのかな。
好き好きなので何とも言えないが不思議でならない。

元々ハンバーガーはあまり食べないが時折モスへは行く。
そこから車では5分と掛からないホームセンターの中にある。
何か口が変わったものを欲しがる時に行くくらい。
ここのは美味しいと思うがそんなに度々食べたいものではない。

聞けば最近のマックの売り上げは減っていると言う。
やっと味が分かって来たのかと思ったら来客数は増えているとか。
メニューをなくして単品の注文が減ったとか言われているがどっちでも良い。
変なものを食べさせて「味音痴」にしてしまわないことを祈るのみ。

| | コメント (0)

2012年12月 9日 (日)

この頃のゴルフ

10月は絶好調でやる気満々だったが11月に入り絶不調。
前半と後半で10打も違うゴルフになっている。
さすがに100叩きにはならないがこれではいけない。
ピンのセットに持ち替えたのがいけなかったのか1Wがスライス球頻出。
良い当たりなのだが右の林に消えてゆくのは悲しい。

原因は色々あるのだろうが人に聞いたところで分かりきった答えしか返って
こない。スライスの原因なんか十分に分かっていて対応しようと思うのだが
体がそのように動いてくれない。

練習でいくら良い球が打ててもコースではそれが出ない。
練習での悪い球でも真っ直ぐゴロで行ってくれればスコアーにはなる。
アプローチが寄りパットが入ればショットの悪さはカバーできる。

みんなこういう繰り返しで少しずつ安定して行くのだろうが上手い人の
ブログを見ても波は結構あるようで「安定」を求めてはいけないようだ。

一期一会のスコアーに喜んだり悲しんだりするのがゴルフなんだろう。

| | コメント (2)

2012年12月 8日 (土)

不審者

■あいち安全安心情報に掲載された不審者情報
・発生日時 12月3日(月)午後7時00分頃
・発生場所 愛知県小牧市堀の内三丁目地内
・状況 男が、下校中の女子生徒に対し「駅はどちらですか」と声を掛けた
・被疑者等 男1名、年齢30歳位、身長165cm位、体格やせ型、黒色短髪、黒色フード付ジャンパー、黒色ジャージ様ズボン、自転車乗車(引用ここまで)

上記の記事。
駅への道を聞いただけか聞き方がおかしかったのかこれでは分からないが
この書き方はないだろう。

以前にも書いたがこのことには気を遣っていてやたらと道や店を聞けない。
特に若い女性(児童、学生を含む)には絶対に聞かない。
彼らは一番情報を適切に教えてくれると思うのだが。
しかし、日中適当な男性が歩き回っていることは少なく一番多いのは老人。
こういう人に聞いても良い返事が貰えれるとは思えない。

こうなったら携帯ナビやスマホを持つしかないぞ。

今の車のナビでは「近辺です。案内を終わります」と言って終わってしまって
埒があかない。うろうろしていると怪しまれる。どうすりゃいいんだ思案橋。

| | コメント (0)

2012年12月 7日 (金)

ジョーク集

Photo


ほとんど裾まで白くなった富士山です。
頂上は強い北風が吹いて雪が飛ばされています。厳しい寒さです。

面白い記事があったので紹介します。
(引用先は忘れちゃった。ごめんなさい)

早坂隆が『世界の日本人ジョーク集』でこんな内容の小噺を紹介している。
豪華客船が航海の途中で沈み出した。
船長は速やかに海に飛び込むよう各国の乗客に指示した。
アメリカ人には「飛び込めばヒーローですよ」、
イギリス人には「飛び込めば紳士です」
ドイツ人には「飛び込むのが規則です」
イタリア人には「飛び込めば女性にもてますよ」
フランス人には「飛び込まないでください」
で、日本人には「みんな飛び込んでますよ」。

よくこういう比較はあるがこれは言いえて妙。
自民党が優勢と聞くとみんな自民党に投票するのですねえ。
なるほどと思う。

| | コメント (0)

2012年12月 6日 (木)

ブログの広告

何時からか、他人様のブログを見ると「広告が動く」のがある。
記事は色々あって面白く楽しみにしているものもあるが折角の記事が
この広告で台無しになる。次々と変わるのがうっとうしい。
しかも最近チェックした品物が現れる。
楽天のアフェリを貼っている人は楽天でチェックした物が次々に現れる。
アマゾンはアマゾンの商品が。購買欲を刺激する。
セシールもうっとうしい。
もう買う気がなくなったものでも次々に現れるのが目障りなのだ。
何とかならないもんだろうか。

注意してみると「ココログ」のブログにはこれが殆ど見かけられない。
ヤフーのブログでは多く見られる。

何かあるな。

| | コメント (0)

2012年12月 5日 (水)

分譲住宅が

最近この辺では分譲住宅が次々に建っている。
そんなに需要があるのかなと不思議に思っていた。

私がここへ来た10年前はアパート・マンションのラッシュだった。
第2団塊世代の家族用のものだったがその後レオパレスの様な単身者用が
物凄い勢いで出来た。
郊外の工業団地に工場が建ちそれなりの需要はあった。
一時落ち着いていたがこの頃の分譲住宅ラッシュ。
この世代の子供が大きくなって住宅が必要になったことだろうか。

先日奥さんが面白い情報を持ってきた。
富士市からの転居が増えてると言うのだ。

隣の富士市は海抜は0m~3776mという日本唯一の街だ。
津波が来れば海岸はひとたまりもない。
ここ富士宮市は津波の恐れは全くない。
東名高速道路を過ぎればかなり高いはずなのでここまで避難する必要は
ないのだがどうせ家を構えるのなら安全な所にしようと思うのは当然。

心配なのは富士山の噴火。
火山灰は周り中に降るだろうが溶岩は東側に流れると言う予想でこの辺は
安泰。(本当かな)
前にも書いたが危険な所に住むにはそれだけのメリットがなければならない。
ここならこの辺での通勤には支障がない。学校も沢山ある。

と言う訳で富士宮市の人口は増えているのです。

| | コメント (2)

2012年12月 4日 (火)

12月3日のゴルフ

3週間ぶりにタナカさんとのゴルフ。
この日は気温は上がって最高気温が16度を少し下回るくらい。まあまあか。
天気予報は曇り時々雨。降雨確率は50%でどっちつかずだったが結果は
ぽかぽかの上天気。良い「散歩」になりました。

今日は3ラウンドぶりに「XXIOのセット」。
こうして2セットを使い分けることに何の意味があるのだろうと思うが2セット
作っちゃったので仕方がない。どっちとは決めかねているのだ。
その内どっちかになるだろうからそれまでやってみるがなんか無意味なことを
やっているようにも思う。

そもそもはXXIOのアイアンが妙に右へふける球が出だして嫌気がさした。
そんな折、ピンのG20なるアイアンが発売され安く買えてしまった。
ピンを使うつもりだったがIN・UP打法でXXIOが復活した。
クラブが合わなくなったのではなく打ち方が悪かっただけなのだ。

そこでとっかえひっかえ使う事になった次第。
その内なんとかなるだろう。

駿河コース
#1.スライスして右の林と思ったら木に当たってちょっとラフへ戻る。
3rdの9Iが乗ってパーと良い出だし。
#2.スライスしてOBの7.
#3.パー3.思いっきりダフってOBの6.こんな調子で48.
白糸コース
#1.鬼門のこのホール。9Iがピンそば4mへ。奇跡だ!。入らずパー。
#2.長いパー4.2nd190ヤード。UT19度でオンでパー。
100ヤードは乗らないが200ヤードは乗るのはなぜ?。

1Wのスライスは治らずアイアンも右へふけだして乗らず不本意なラウンド。
今頃になってスライス病で悩まされるとは。情けなし。
とうとう90オーバーのラウンド。

10月は絶好調だったのに11月からおかしくなってこの有様。
どうしましょう。

| | コメント (0)

2012年12月 3日 (月)

楽座へ

富士川楽座のギャラリーで「塚本慈光展」というのがあると言う奥さんの
情報で久し振りに楽座へ行った。

行くのは新東名が開通してから初めてだと思うが東名沿いのこのSAは
休日なのに空いていた。
楽座の前の駐車スペースは平日でもいつも満員だったのに。
やはりかなりの影響はあるようだがここは下道からも入れるのでそちらの
駐車場は8割方入っていてそれなりの感じ。

塚本氏はスポーツの障害で体が不自由になり辛うじて動く片手で絵を
描いているのだそうだ。

そういう目で絵を見るべきではないと思うがその努力は凄い物がある。
50点近い作品が並びスタッフも沢山いて賑わっており、絵もかなり売れて
いた。(絵の下に作品名と値段がついており売却済みは赤いマークがつく)

花を主に七福神をあしらってお正月らしい雰囲気のものが多かったが芸術
としての価値よりイラスト的な感じで絵からは感銘は受けなかった。
障害のある身であそこまで書き上げるのはさぞ大変な事だろうと同情は
するが絵としての評価は別にしたい。

その後SA側のレストランで私は「駿河丼」奥さんは「生シラス丼」の昼食。
楽座の方のレストランには「生きた桜えび」が展示されていた。
泳いでる生きた桜えびなんかは滅多に見られない弱い魚。
生シラスもなかなか食べられない。貴重な経験をしたぞ。

定番の「かっぱ饅頭」を買って帰る。これは美味しい。

帰り道、突然の雨!。
今日は予報では「晴」で布団を干して出てきたぞ。
降り方からいって地域限定だと良いがとあわてて帰宅です。

| | コメント (0)

2012年12月 2日 (日)

衆議院選挙

日本も欧米並みに2大政党で政権を奪い合うと言う構図にしようとして
民主党を立ち上げた。ほんのちょっと前のことだ。
自民党のごたごたで嫌気がさして、また、民主党が出来もしないマニ
フェストにみんなが期待して政権が変わった。
あんなこと不可能だと分かっていた筈なのに。

鳩山が沖縄の基地で見込みが無い事を言い出して味噌をつけた。
菅も正直に増税を持ち出して参議院で負けた。これが総てだった。
自民党時代でもそうだったが大臣が献金問題や発言ですぐ辞職。
その都度「任命者責任」で首相が責任を追及された。
参議院で問責を出して可決して何も進まない。
問責に法的拘束力がないのなら無視して議事を進めればよいと
思っていたら議長が自民党だった。
さらに小沢の加入で中がおかしくなりまとまりがなくなる。
先回の衆議院選挙で民主党が勝った時に指摘したような結果になった。

もともと民主党は寄せ集めの政党。
自民党崩れから社会党の流れまで一緒になってやれる訳がない。
そこに小沢が入り込んでもっとおかしくなった。
小沢のお蔭で民主党の政権が出来たのではない。
自民党のだらしなさ、不甲斐なさにみんなが嫌気がさしたからだ。
民主党の人材不足から不祥事を露呈する大臣で自民党と少しも変わりは
なく、また経験不足と権力争いで自滅。

今度の選挙は2大政党の対立と言う構図は全くない。
幾つもの政党が乱立し訳が分からない。
維新の会や未来の党が注目されているがこの政党は良く分からない。
大阪府を大阪都にしようと言う事で発足した地方政党が人気に乗って
つけ上がっているとしか私には見えない。
まして石原と組んでますます分からなくなった。
卒原発も分からない。

今度の選挙ではどの党も過半数は獲れないだろう。
そこでどの党と組むかで過半数を確保し政権を獲ることになる。
第3極が主導権を握れるチャンスとは言える。
かっての村山政権の様な構図だろうが安定感はない。
毎年首相が変わることでの外交力の落ち込みは続くだろう。
TTPでも遅れ日本は衰退するだろう。

議員は落ちたら普通の人で当選することに血道を上げ当選できそうな
党へ逃げ込んでいる。誰が国家百年の計を進めてくれるのか。
民意とか言って国民の顔色ばかりを覗う人ばかりでは何もできない。
人物で選ぶ、と言っても結局は党で決めることになる。

野田さんは良くやった。
あの捻じれた状態で「決められない」と責められるのか。
消費税、定数等で最後の切り札を上手に使った。
衆参ともに多数であったらもっと手腕を発揮できただろう。
できる事ならもう一度民主党にチャンスを与えたいと思う。
自民党に戻すより期待は持てるのだ。
どれだけ自民党が変われるかにもよるがそれに期待するより民主党を
脱退して当選に走る連中のアホ顔をみてみたい。
もう1回民主党にやらせれば今度は上手くできるだろうと期待する。

| | コメント (2)

2012年12月 1日 (土)

山田べにこさん

土曜日17:30からのBS4チャンネル、「野天湯へGO!」と言う番組。
どうやら不定期のようだが面白い番組。

山田べにこさんという若い女性が軽自動車で移動し山道を何時間も
歩いて「野天湯」(露天風呂とはちょと違う)へ行き,
入ると言うだけ。
秘湯なんてものでなく全く山の中に湧き出す温泉を探し,
浴びる。
全く湯溜りの様な所が多くあんな所へ行く価値があるのか、あんなに
嬉しいのかと思えるがそれを本当に楽しそうに伝える。
温泉嫌いの私もこの無邪気さに引き込まれる。

このべにこさんが本当に可愛いのだ。
顔も可愛いがその仕草、天真爛漫さ、会話に今の女性にない物がある。
中々顔もきれいだし良いスタイルもしていて見ていて楽しい。
入浴シーンは勿論あるが豊満な体を思わせるだけでそれはおまけ。
けっしてぶりっ子ではなく持ち味と思える。

何時間も山に分け入る様子をカメラマンが撮っているのだが何人ついて
歩いているかは分からないがこういう映像は結構人数をかけている。

路線バスの旅で3日間で出発地から目的地へ行くと言う蛭子さんの番組も
あるがあれだって少なくとも5,6人は付いている。

こうして撮影している時は安全(?)だろうが一人で山に分け入って大丈夫
何だろうかと心配になる。(カメラマンがその気になったら・・)
以前秘湯巡りの女性が襲われて殺されたと言う事件があった。
こんなことにならないことを祈るのみ。

べにこさんは空手の達人だったり、と言うのが面白いが。

| | コメント (1)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »