« 「UFOそばめし」なるもの | トップページ | やっと歯医者からの解放 »

2012年11月 4日 (日)

再びパッティング

この頃考えることはどうしたらパットが真っ直ぐ打てるかということ。
何時も一緒にプレーするタナカさんもモチヅキさんもパットは上手い。
ちゃんと芯に当たっている。ここで追いつかれ差を付けられるのが悔しい。

今迄は真っ直ぐテークバックしそのままヘッドを下せば真っ直ぐ打てると
思っていて、ひたすら真っ直ぐ引くことに気を遣ってきた。

だからテークバックでどうしてもヘッドの動きが気になって視線がヘッドの
動きにつられて右へ動いてしまっていた。

その瞬間ボールから目が離れる。
トップまで行くとボールに視線を戻しインパクト、と言う動作だった。
先のスパッとなど目に入らない。

どうもこれが気に入らない。
なぜ芯に当たらないのか。なぜインパクトの時ヘッドの向きが変わるのか。
なんとかもっとボールを見ておれないだろうか。スパットが見れないか。
今迄はボールの上部を何となく見ていたがもっと他にあるのか。

先日NHKの番組で藤田プロが
「パットのテークバックは気にしない。ただ厚く当てる事だけ」
と言っていた。要はパターの芯で打つということだ。

ふむふむ。

いくらテークバックを真っ直ぐ引いてもそこからの軌道が狂ったのでは
真っ直ぐは当たらない、飛ばない。
テークバックよりフォローにもっと気を配るべきじゃ、と言う結論。
こんな当然のことは前から分かっているのだが忘れてしまう。
なんとお粗末。

そこで編み出したのがボールの左横を凝視する。右ではない。左。
とにかくじっと見つめる。右と左でかなり目線は変わる。
そこでテークバックすると不思議なことにヘッドを目が追いかけない。
テークバックでヘッドがぶれようがアウトに上がろうが気にかけず
ヘッドを真っ直ぐ前へ出す事のみに集中する。
左を見ているからスパットも目に入る。
ただこれだけで良い。考えるのは距離感のみ。
5歩だよ。8歩だよ。しっかり強くだよ。

ここまではウチで考え練習したこと。
さて本番でできるでしょうか。
明日やってみます。

|

« 「UFOそばめし」なるもの | トップページ | やっと歯医者からの解放 »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

しゅんたさん こんにちは!

パットって解説されると自分がどういう風にうっているのか、頭ではわからなくなります。

でも何となくテークバックでパターを追っていたかも、小生も”構えたらボールだけ見つめる”を意識してみます。

今日 アミノバイタルを買いに行く予定です。
マツモトキヨシのオリジナル、イオンより若干お高いが、
成分表示では中身が濃いような(~_^)。

投稿: Akitakenken | 2012年11月 5日 (月) 11時26分

貴兄はパットがお上手ですから心配はないでしょう。
どんな方法でも真っ直ぐさえ打てればいいのですがこれが出来なくて
悩んでいます。

投稿: granpa | 2012年11月 5日 (月) 16時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「UFOそばめし」なるもの | トップページ | やっと歯医者からの解放 »