« 石川くんの髪型 | トップページ | 喪中ハガキ »

2012年11月11日 (日)

石川くんの3日目・18番

久し振りに石川くんがトップに出て奥さん、大喜び。
その1打が3日目の18番。

1Wが飛び過ぎてつん抜けて右のラフへ。
残り220ヤードいうが曲がっているので200ヤード無い位だったろう。
2nd、5Iでグリーンを狙う。
ラフが絡まったのかミスショットでグリーン手前15ヤードへ。
解説はラフがきついので刻んだ、と言っていたがそんな事をする人ではない。
ABCの3日目・18番の2ndや3rdであんなことをするのだから、可能性がある
なら挑戦すると言うゴルフをやる。
そこが自分の魅力だし若さなのだと言う事を知っている。
ミケルソンもそれで人気がある。
藤田もそれをやろうとするから良い。
ちまちま刻んでのバーディー狙いなんてことはしない。
さすがにティーショットはフェアウェー狙いで3Wとかで打つことはあるが。

そこからの攻め方。
ここでも解説は2段グリーンの上までのロブショットでピンを攻めると言って
いたらなんと転がし主体のピッチエンドラン。
20ヤード位ふわっとグリーンまで上げてそこから段を駆け上ってピンそば
70cm。楽々のバーディー。
前日奥からのアプローチに失敗しているのを生かした感じだった。
確か富士山は後ろで順目の登りという不思議なライン。
打った瞬間は「弱い」と思ったが段の上にあってもころころと転がり続けた。
不思議なアプローチだった。

ランニング主体だとあの2段グリーンだともっと強く出てしまう。
あの「ふわ~」は一体なんだろう、と言う感じだった。

それで久しぶりの首位に立ったが後ろに一杯いて安泰ではない。
今日が面白くなった。
このまま優勝をするとゴルフ界も盛り上がるのだが。

|

« 石川くんの髪型 | トップページ | 喪中ハガキ »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 石川くんの髪型 | トップページ | 喪中ハガキ »