« グリーンフォーク | トップページ | ボール選び »

2012年10月26日 (金)

布袋=クラブケース

薄いナイロン素材のクラブ入れ! Larougeクラブケース

前にも書いた気がするが何の変哲もないナイロン製の袋。当然防水。
現物は150cmあり結構長く、クラブ(1W)がすっぽり入って紐で縛れる。
クラブは4,5本入る。(480円+送料210円)

練習へ行く時用のクラブケースとして使うものらしいが私はこれをクラブ
(ウェッジ)のヘッドが出るくらいに短く折ってラウンドの時に使っている。

まずこの中にはウェッジが4本(47度、52度、56度、60度)常に入っている。
アプローチでそのライ状態や転がすか上げるかはその場に行かないと
分からないので常にこの4本は持って行くことにしている。

距離が90ヤード以上残っている時はそれに対応するクラブを少なくとも
2本持って行く。距離が分からない時は本数は増える。
多い時はこの袋の他に2,3本持って行くことになる。
まるで引っ越しじゃ。

残りが150ヤード位なら8,7,6番。110ヤードならPW、9番。
林の中ならこの他に脱出用のUTを追加となる。
(林からの脱出にはUTを使う。方向性が良くダフらないし距離も出る)

ボールがラフで何処にあるか分からない時はもっと増えることになる。

余程のことがない限りこの袋にクラブは収まりクラブを詰めてグイッと
握って「颯爽と」ボールへ向かう。

カートへはパター入れが2つついてればその一つに。傘入れに入れるか。
勿論パートナーに了解は取る。
それが出来ない時はキャディーバッグに刺し込む。
普段もキャディーバッグに入るので持ち運びに不便はない。

「マイキャディー」とかいう商品名の物もあるがキャディーバッグに入ら
ないし使い勝手が悪そう。この布袋が最適なのだ。自作も出来る。

雨や夏の朝等芝が濡れている時は凄く役に立つ。
グリップが濡れない。これは大きいですぞ。

ホールアウト後はこの袋とパターを持って行けば忘れることはない。
パターを入れておくと言う事も出来る。

見た目は気にしないのでどう見られているかを考えたことはありません。

なにしろ便利なのデス。

|

« グリーンフォーク | トップページ | ボール選び »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

しゅんたさん こんにちは!

小生のまわりにイオンショップなく、どこか出かけたときにバイタルまとめ買いしようかと。

さて、小生、最近の最大の関心事はグリーンまわり(20ヤード以内)のピッチ&ランですが、しゅんたさんはどんなクラブでどのように
(払いうち/打ち込み、フェース開く/開かない)されてますか。

ご教授頂ければ幸甚です。

ちなみに小生、今は10~20ヤードに落とすときはピッチング49度で打ち込む(距離はフェースをどの程度開くかで調整)、5~9ヤード位は9番38度でパターのように。

結果→ライによりあまり安定しません。 チョロが出やすい。

投稿: Akitakenken | 2012年10月26日 (金) 11時47分

教えるなんて事は出来ませんので私の打ち方を書かせて貰います。
フェースの開閉は難しいのでクラブと振り幅で決めています。
左右対称に9時の場合3時まで振ります。
(体の回転付きの払い打ちです)
52度のウエッジで7時半で15ヤード、9時で30ヤード。
56度のウエッジで7時半で10ヤード、9時で20ヤードと言う具合です。
60度は前ピン等ですぐ止めたい時用です。
ランニングは47度のAWです。
勿論これは平地の場合で上り下りは距離を±します。
だからアプローチには沢山のクラブが要ります。
私も良くチョロリますが殆ど場合手打ちになっていて体が回っていないせいです。
人それぞれ好みがあり参考になれば幸いです。

投稿: granpa | 2012年10月26日 (金) 14時23分

ありがとうございます。

早速参考にさせていただき、いろいろと試してみます。(^_^)

投稿: Akitakenken | 2012年10月26日 (金) 15時03分

私はこれまで、できることなら手引きカートでコースを回りたいと思っていました。
(山岳コースは疲れて無理ですけど)

理由は、打つときに全てのクラブを自分の傍らに置いておきたいからです(笑)

カートだと、ボールのところまで行ってみたとき、手持ちのクラブでは「?」でも、カートが遠い場合はスロープレイ防止のためにそのまま打つことが多く、そういうときは大抵ミスしますorz

こういう「袋」を持って歩けば、そんなジレンマも解決できますねw

投稿: yasushiyutaro | 2012年10月27日 (土) 09時29分

最初はちょっと恥ずかしさがありましたが気にしないでやることです。
人に迷惑をかけないことです。
1本のウエッジで打ち分ける人には不要でしょうが
私のようにクラブで打ち分ける人には必需品です。
グリップが濡れないのが素晴らしいです。
これをコースで使うには短く折り曲げる必要があります。
自分で作ってもいいですよ。

投稿: granpa | 2012年10月27日 (土) 09時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« グリーンフォーク | トップページ | ボール選び »