« 4日のゴルフ | トップページ | 運動会 »

2012年10月 6日 (土)

バンカーの処置

先日バンカーのことで書かれたブログがあったので覗いた。

足跡を消すには砂を手前から奥へ向かって掻きなさい、という趣旨だった。
これは正解。

奥から手前へ砂を掻くとバンカーの縁に砂が溜まり真ん中の砂が減ると
言うのが理由だったがこれはおかしい。

縁に溜る程砂は掻かないしそれで真ん中の砂が減るなんてことはない。
余程の人数がやればあるかもしれないがそんなことはあり得無い。

また、定期的にバンカーの整備は行われる。

一番の理由は奥から手前に砂を掻くと最初の所にレーキの跡が残る。
レーキを置いて引くからそこが溝になる。この溝はかなり深い。

まず奥から引いて足跡を消し、手前から押すことでその溝を消す。
砂を被せる感じだ。これが正しい手順。

中には熊手のように先がギザギザのレーキが置いてある所もある。
このレーキはトンボ型より置いた時に溝がつき難い。

このレーキで砂を掻くと浅い溝ができるがその溝がピンの方に向くことが
良いとされている。

その溝にボールが入った時ボールの手前に砂があるとちょっとした「目玉」
状態に見え、心理的に打ちにくい。

ピンに対し縦に溝が入っていればボールの後ろに砂は無く気持ちが楽
になる。ちょっとした心遣いだがこれ位の事はやってほしい。

バンカーの薀蓄を述べるならここまで書いてほしい。

|

« 4日のゴルフ | トップページ | 運動会 »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

大変よいことをおそわりました。
次回から実戦します。
小生、帰省から帰宅中です。

投稿: Akitakenken | 2012年10月 6日 (土) 18時18分

参考になればうれしいです。

投稿: granpa | 2012年10月 6日 (土) 18時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 4日のゴルフ | トップページ | 運動会 »