« 復興財源 | トップページ | 「IN・UP打法」ほぼ完成 »

2012年10月16日 (火)

15日のゴルフ

この日もタナカさんのお誘い。
そろそろ「IN・UP打法」も結論が出そうな頃だ。

今日はXXIOのセットで。先回ピンのセットで距離が合わず。
このセットはもう長く使っていて距離感が身に着いてきたのでちゃんと
当たるかどうかだけ。

私のリズムは「結婚行進曲」。「タン、タ~タターン」。

最初の「タン」はスタートの合図。フォワアードプレスは余り入れない。
 
 

    左手の小指のグリップを少し締める程度。
次の「タ~」でテークバック。当然下半身は固定。左肩を右ひざ上へ。
次の「」でTOP。左腰の左への移動。クラブはトップの位置。
   この時右肩が出るとアウトサイドインになりスライスが出る。がまん!。
次の「ターン」で振る。

全部で2秒くらいかかる。兎に角ゆっくり。
これが1Wでは出来るがアイアンやウェッジでは早くなってしまう。
打ち急ぎと言うやつ。

それと中々フィニッシュまで振りきれない。
特にウェッジでは打つだけになってしまって距離が出ずショートする。
これが練習場と本番の一番大きな差。
練習場では振り切っているがコースではボールの行方が気になって殆ど
フィニッシュまで振っていない。振ると煽ってしまう。これが一番の悩み。
ダウンの時に「フィニッシュまで」と言い聞かせなければいけない。

今日はこの点に注意することにする。

この留意点は概ねで来たが時々忘れてミスが出る。
やっちゃてからああしまった、と嘆き節。
コンスタントに出来なきゃいけない。

「IN・UP打法」はほぼ満点の出来。
アイアンの方向性が凄く良くなった。
アイアンのトウダウンが出てダフリ2回。
これは意識すれば治るので気を付けよう。

アプローチはOKに寄らないが1m位のパットが入って寄らないことが
苦にならない。ただし50cmを3回も外したのはいただけない。
気の緩みと3回目は不安感。強く打てないのがダメ。

42,42で85を切れたので良しとしよう。
もう一息なんだけどなあ。

|

« 復興財源 | トップページ | 「IN・UP打法」ほぼ完成 »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

成果が発揮できるいい季節だねえ。
リズム 新打法とマスターの様子 シングルさんがもうそこまで 手が届いているねえ。

投稿: 500系 | 2012年10月16日 (火) 10時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 復興財源 | トップページ | 「IN・UP打法」ほぼ完成 »