« ゴルフの結果 | トップページ | 充実野菜 »

2012年9月 1日 (土)

丹田荷重(IN ・UP)

どのスポーツでも言える事だと思うがゴルフで打つ時に「丹田」に力を
入れろ、と言われるが上手く入らない。コツがわからない。

ただ丹田に力を入れると下半身が膨らむだけで上手くいかない。

そんな時ある健康番組で(バスタオルを腰に巻く運動だったか)お腹を
IN・UP」すると丹田に力が入りやすいと言っていた。

INでお腹を引込め、UPでろっ骨を上げる(胸を張る)。肩の力は抜く。
その状態(お腹を引込めたまま)で普通に呼吸はする。
そう、オードリーの春日のように胸を張る。

そうすると下半身がしっかりし丹田に力が入ることがわかる。
足の指にも力が入り大地へのグリップ感が増す。

今は流行りの「ロングブレス健康法」でも三木さんが丹田に力を入れる
事を強調していた。

今回のゴルフでこの方法で丹田に力を入れ下半身の安定を図って
かなりうまくいった。
方向性がかなり良くなったのだ。

アプローチ、パットでは効果抜群。
2m位パットが4本入ったのは今までに無い事だった。
長尺をものにしつつある感じ。
(30cmを2本外した。パターの重みでダフった!。アホです。)

パット数は9ホール1パット、3パット1回の28パットと素晴らしい出来。
このパット数でこのスコアーは悪いなあ。

ゴルフはまだほかの要素も多くこれだけでは上手くはゆかないが今回は
有効だったと言える。

また次回はダメかもしれないが一つの試みとして評価できる。

|

« ゴルフの結果 | トップページ | 充実野菜 »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ゴルフの結果 | トップページ | 充実野菜 »