« 医者巡り | トップページ | 山本さんの死 »

2012年8月23日 (木)

医者同士は仲が悪い?

私が通っている泌尿器科の医者は私のかかりつけ医である内科医が
嫌いらしい。

こんな薬を出すなんて信じられない、と言う。

今はお薬手帳があるのでどこでどういう薬を処方したかはそれを見れば
はっきりわかる。

この泌尿器科も内科を看板に出しているので知識は十分に持っている。

高脂血症用に「クレストール」と言う処方が気に入らない。
これは抗コレストロール剤で抗高脂血症剤ではない、と主張する。

かかりつけ医の持論である「副腎」についてもそれは古いと一刀両断。

以前通っていた整形医も私の過去に通った外科や整体をけなしていた。

人の悪口を言う人は嫌いだが、医者はどうもこういう傾向がある。
あの医者は良い、と医者の口から聞いたことがない。

商売敵なのかプライドが高いのか、本当のそう思っているのか今一真意は
掴めないが悪口を聞かされるのは良い気分ではない。

私は医者は誰でもいい。

私の症状に合う薬を処方してくれて私のことを親身になって相談に乗って
くれれば誰でもいい。

私が医者を信じられるかどうかにかかっているのだがそんな医者はいない。
どこか違うのだ。

どの医者も「商売気」を感じてしまう。

私は人が良いのか一旦かかると滅多な事では医者は変えない。

それでも去年になって泌尿器と整形はやっとの思いで変えた。
今その人たちとの付き合いだがこれまたどうもねえ。

困ったことじゃ。

|

« 医者巡り | トップページ | 山本さんの死 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 医者巡り | トップページ | 山本さんの死 »