« キャップマーカーを作る | トップページ | 整形外科医で »

2012年7月10日 (火)

長尺ラウンド2回目

チーム・タナカのお誘いを受けほいほいと出かける。

4月から殆どの月曜日はお天気が良い。

タナカさんには負けたくないので迷ったが長尺を持って行くことにした。

テークバックの揺れを防ぐには「長尺マニアさん」と同意見になった
下半身の固定。

これはどのクラブでも共通のことで至って当たり前のことだった。

グリップエンドを抑える左手の親指を下へ軽く押すとテークバックし易い

目標はハーフ15パット。

ハーフで3ホール1パットで済ませればよいのでそんなに難しくは無い。
グリーンエッジまで行ったら確実に1パットの距離に寄せる事。

これがスコアーメイクの基本。

それよりもパーオンしたホールで3パットしない方が難しい。

長尺の打ち方は左手親指でグリップエンドを押さえる様に握る。 

右手は親指と人差し指の間にシャフトを入れる。 

この時親指と人差し指の間の股にシャフトを入れるかどうか。

人差し指をシャフトに斜めにあてがえば股に入り、平行にあてがえば
人差し指の腹全体で打つことになる。
 

アダム・スコットは後者の方法。 

まあ、好き好きだけどどっちが真っ直ぐ打てるか。

今日はスコット流を試す。

いい感じで入り前半15パットを達成。

後半は17パットをして計32パットと上出来。

これなら今後十分に通用すると感じたのでした。

|

« キャップマーカーを作る | トップページ | 整形外科医で »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

またおじゃまいたします。
32パットとは素晴らしいですねw

右手は私もアダム型と人差し指からめる型を行ったり来たりしております。

「左手親指を押す感覚」私も今度のラウンドで試してみます。

投稿: yasushiyutaro | 2012年7月11日 (水) 06時04分

30パット、50ストロークが目標です。
なかなか上手くいきませんが・・・。
ショートパットが打てる時は30パット近辺に
行きますが、まだ長尺の出玉の速度が身に付かず
ビビッているのでだめです。

ブログを読ませてもらいましたが造詣の深さに感服。長尺の奥の深さを知りました。

私はイップスでも腰痛でもなく好奇心からです。色々試してみようという気持ちかな。

投稿: granpa | 2012年7月11日 (水) 14時00分

造詣が深いなんてとんでもない。
恐縮してしまいます。

私も、イップスでも腰痛でもありませんw
単に興味本位だったのですが、今では、普通のパターを構えると違和感があって・・・・・

PS:勝手ながら、拙ブログにてリンクさせていただきました。
問題あればお知らせください。

投稿: yasushiyutaro | 2012年7月12日 (木) 20時57分

こんな物で良かったらどんどん利用してください。
また、色々教えて下さい。

投稿: granpa | 2012年7月12日 (木) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キャップマーカーを作る | トップページ | 整形外科医で »