« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

プロ野球開幕

夜のTVに碌な番組がなく、つまらなかったが野球が始まって助かった。

昨日は日ハムと中日戦をチャンネルを代えながら観戦。

日ハムの斉藤君は1回に3番、4番を四球で出してふらついたが
5番を2塁手の守備位置が良く,
零点に抑え歯車が合った。

そして去年のデビュー戦の再現で1回に3点を取ってくれて楽になった。

運も実力の内、というがやはり「持っている」男なんだろう。

中日は吉見と前田の投げ合いでこれもまた面白かった。
山崎が先発で出ていて昔からの中日ファンは嬉しいことじゃ。

勝ったからなお嬉しい。

吉見も石川も9回に打たれてノーヒットノーランを逸して惜しいなあ。

今年も昔みたいにトレードで優秀な選手を取った巨人。 

育成選手を一番多く抱えているのにこんなことで彼らにやる気が
起きるのだろうか。
 

松本とか亀井とか生え抜きのいい選手がいるのに・・・。

| | コメント (0)

2012年3月30日 (金)

韓流なるもの

昼間のBS放送は殆どが韓流のドラマ。

元々現実離れした展開のドラマは好きではないがハングルがさっぱり
分からないこともあってどうも韓流ドラマは好きになれない。

あののっぺりした男優達の顔は見たくない。

ああいうのに狂うおばさんたちの心理は理解できない。

しかし、KARAにせよ少女時代にせよ女性はみんな綺麗だなあ。

みんな顎が尖って色が白く、細い目をつけまつ毛で大きく見せ可愛げの
ある顔をしている。日本人の好みを徹底的に研究しているようだ。

またちゃんと日本語を喋るところが努力の跡が見える。

ロート製薬の「雪ごこち」という化粧品のCMに出ている人が凄く綺麗なので
調べてみたら「キム・テヒ」という韓国人だった。

ちょっとぽっちゃり系なので日本人だと思っていた。

韓国系には見えない。綺麗な人だ。

特にCMの最後で流し目と言うか横目と言うか、あの表情が凄い。

私が気に入っていた松浦亜弥ちゃんが姿を消し、蒼井優もこの頃出番が
減った。

武井咲は露出度が多すぎてくどくなってしまった。まだ若いのに・・。

今の一番は堀北真希。

今のCMもいいが、以前渡辺謙との2ショットのDocomoのCMは良かった。

ほんの短い期間しか放映されなかったのが残念だがそのCMで彼女が
気に入ってしまった。

ちょっと陰がありナイーブで繊細な感じをよく出していて父性本能を刺激
する。

話は変わるが最近お腹の大きな女子アナやタレントが画面に出てくるが
あれはどうなんだろう。

なんか自慢げで好きじゃない。

不妊治療で悩んでいる人も居るだろうに。

| | コメント (0)

2012年3月29日 (木)

注目の海陽中等教育学校

愛知県の蒲郡にトヨタが作った中高一貫の6年制、全寮制の学校。

その1回生がこの3月卒業し、素晴らしい進学実績を上げた。

(東大13人、早稲田30人等。詳しくは「検索」を)

卒業生は101人でのこの内容は驚きの結果だ。

多くの場合、高校の有名大学への進学状況は予備校に頼っていて
3年間の実績ではなく「4年制」なのだ。1年浪人してやっと入れる。

天下の「灘高」も授業後の予備校通いで成果を上げていると聞く。

このことはほとんど知られていない。

特に都会の高等学校は現役での進学実績は非常に悪い。

1回生が卒業したのだから出来たのは6年前。
私が引退し、こちらへ来た後で細かいことは聞き伝えではある。

年間で280万円かかるということや中高一貫6年間の全寮制と言う事で
色々批判的な意見が聞かれた。

応募者も減り続けていたようだ。

寮生活や経済的な理由で続けられなかった者も少なくないらしい。

有名大学の合格者の数が学校の基準ではない、と言う意見が出そうだ。

そう思うならそれでよい。自分の子供を行かせなければよい。

並みの学力の子供に良い教育をすればそれなりの学力が付き進路に
選択肢が多くなると言う事は悪いことではない。

学力は無いよりあった方が良い。
知識は知恵の元。知識の無い所からは何も生まれない。


日本には妙な平等主義がありこういうエリート教育を認めようとしない。

「機会均等」でなければ不公平と言う事で批判する。

その結果何も生まれない。

その声に対し敢然と立ち向かったこの学校の姿勢に拍手したい。

私が現役だったらこういう学校で教えたいと切に思う。

| | コメント (0)

2012年3月28日 (水)

続・今月4回目のゴルフ

何となく気が変わってXXIOのアイアンを持って行った。

G20にも慣れてきてXXIOは売ってしまおうかとも思ったのだが
今、打ったらどんな感じなんだろうと思った。

結果はなかなか調子よい。

以前出ていた右へ弱々しく切れて行く球も出ずおおむね思った
方向へ飛んでいる。打ち方が良くなったらしい。

アプローチはやはり慣れたフォーティーンは安心感がある。

2つを使い分けるのは「あり」だなあと思ったラウンドでした。

パターはキャメロンのライ角調整の効果か、ボールの転がりが
とても良くなって打ち過ぎてしまって距離感に苦労したが3パットは
1回のみで資本をかけた甲斐はあったようだ。

「下半身荷重」のパッティングはアドレスばかりに気が行って
肝心の距離感が出せず。情けなし。

珍しく1Wが不調で苦労してしまった。

私のゴルフは1Wで支えられているようだ。

タナカさんとはまた来週の月曜日に、と約束する。

このチームは気が置けなくて本当に気持ちが良くプレーできる。

何時も一緒は飽きるが1か月に1回位がいいかな。

また来週が楽しみになりました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0)

2012年3月27日 (火)

月4回は久しぶり

気温はそんなに高くなっていないが春めいてきて風が暖かくなってきた。

遅れていた桜も咲きだした。

この付近の河津桜は盛りも過ぎいよいよソメイヨシノの季節になる。

1年で最も「ハイ」になる季節だろうが春は余り好きではない。

秋のちょっと肌寒い陽気の方が気分にあっているようだ。

今月4回目のゴルフ。最近では珍しい。
かっては週2回行っていたのに・・。

3月1日に行ったのでこういう巡りあわせになっただけのことだ。

スコアーは今一だがG20にも段々慣れてきた。

膝も何とかなっているし体調はそう悪くない。何時悪くなるか分からない
ので
今のウチに行っておこうというはやる気持ちがある。

そんな時丁度タナカさんからのお誘い。

キャメロンもライ角の調整ができたし一発かましてやりましょう。

パッティングに少し進歩があった。

「下半身で打つ」ということ。

絶対に膝を動かさない。どんなに長いパットでも。

丹田に力を入れて下半身を固定し丹田で打つ。

肩の上下で打つと下半身がぶれる。

兎に角この方法が究極(のはず)。

さて、さて、さて。

| | コメント (0)

2012年3月26日 (月)

マスターズ

マスターズを放映するTBSが盛り上げに躍起になっている。

松山だけでは話題性に欠くのでお願いして石川クンを押し込んだとか。

こんな噂が出るほど日本人のプロゴルファーは質が落ちている。

インドネシアオープンとかでJGTOも協力してのトーナメントで29人も参加
したのに予選を通過できたのは13人だそうだ。

観光気分で行っているのだろうか。

石川クンのお蔭でマスターズも盛り上がる。

彼ならひょっとしたら大活躍してくれるのではないかと思わせる。

みんなそれを期待している。せめて予選と通って欲しいと。

日本人のプロゴルファーが下手くそで活躍してくれないので彼に対する
期待感だけが増す。

それに応えるだけの力を持っているとみんなが思っている。(私も)

松山君もマスターズが終わればプロ宣言をするのだろうが彼にはガッツは
あるが「華」がない。

でも今年のツアーは彼を中心に回るだろう。

でも石川クンの集客力には敵わない。

アメリカと日本を行ったり来たりの大変な年になろうが頑張って、としか
言いようがない。

| | コメント (0)

2012年3月25日 (日)

キャディーバッグ

そう言えばキャディーバッグについてのブログの記事が殆どない。

そんなに替えるものでもなく幾つも持つものではないがゴルファーの
基本のアイテムではなかろうか。

どんなキャディーバッグを持っているかでその人のゴルフに対する
姿勢が分かる様な気がする。

バッグに気を使わない人は概してクラブにも気を使っていない。

そのくせショットやスコアーを結構気にしているのは面白い。

それにしてもバッグはどうしてあんなにメーカーの名前がデカデカと
書かれているのかな。

ブランドの商品を持っていることをひけらかしたい人が多いのか。
日本人はブランド好きだということの現れか。

中の仕切り方が色々あって面白いがネットではその仕切り方が分から
ない売り方をしている。
(GDOはこうした写真を載せているが)

私はこの程度の区切りがあるのが好み。

横のポケットのつき方とか仕切り方で使い勝手がかなり違う。
ブランドのロゴではないのだ。

私のはミズノのカート仕様。

兎に角カートに積むことを意識して作られているのでカートに積んだ時
上側に来るところ(取っ手がある側)にポケットが一杯ある。

グローブ、ティー、その他の細かい用具を分けて入れられる優れもの。
(ボールはバッグに入れない。入れっ放しだと傷むから)

横のロゴも「ランバード」でなく「m」だけで私のイニシャルと同じなので
許している。

ノーブランドで自分の好きなようにデザインできるものは無いのかなあ。

それともみんなはキャディーバッグなんかに拘らないのだろうか。

それにしても素敵なキャディーバッグに出会いたいなあ。

調べてたらオーダーキャディーバッグと言うサイトがあった。
10万前後の値段で挫折。

あ~あ。

| | コメント (0)

2012年3月24日 (土)

3回目の整形外科

このH整形外科に通いだしての3回目。

膝の具合はかなり良くなってはいるが右膝は外側に開くと少し痛む。

ちゃんと新しいボクサーパンツをはいて行ったよ。(笑)

9時からの診察時間だが9時15分くらいに行くと空いている。
10時過ぎには混むようだ。

両膝にヒアルロン酸の注射を打つ。

面白いのは、注射を打つ前にアルコールで消毒をするが、丹念に
アルコールで拭いた後スースーするのでなんだろうと思って見ると
「うちわ」であおいで乾かしている。

先生がアルコールで拭いている時看護士さんが「うちわ」を持って
待機しているのだ。

乾いた後また丹念にアルコールを塗ってから注射本番になる。

最初は思ったほど痛くなかったが2回目からは針が膝のお皿に
当たるような感じで「キヤッ」と痛い。普通の注射より絶対に痛い。

膝の痛みが無くなるのだからこの瞬間の痛みは我慢しよう。

左ひざの注射後の出血が多かってびっくり。

注射後に絆創膏等を貼るがここは凄い大きなガーゼを貼る理由が
分かった。

こういう経験は初めてじゃ。

右足の「つっぱり」のことを聞くと「腰からきているかも」と。

そのうち本格的に診てもらおう。

来週はかかりつけ医の診察日なのでWになる。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2012年3月23日 (金)

キャメロンライ角調整へ

キャメロンのライ角調整はどこでも断られて諦めていたのですが

先日ブログをあちこち見ていたら見つけてしまいました。

ただ角度をつけるではなく熱をかけて曲がっている所を伸ばすという手法で

望む方法だったので何回かメールでやり取りした後ちょっとお金がかかる

けどやることにしました。

古希の祝いとして家族から貰ったもので大事に永く使いたいので気に
入るまで手をかけてみようという気持ちです。

きっとそんなに変化はないと思いますがこれだけ手をかけたのだという
思い入れは大切でしょう。

ピアゴでダンボールを貰ってきて包装。(写真を撮れば良かった)

薄めの箱は開くと細長くなりゴルフクラブを包むのにはもってこい。

後はガムテープで押さえて出来上がり。

送料が1060円もかかったけどやむを得ない。

工賃2000円、送料690円、代引き315円、で総計4000円強。

それだけの価値を出して見せよう。

私が作った段ボールの包装でそのまま返って来たのには笑った。

やはりライ角がピッタリ合っていると構えやすい、打ち易い。

これだけ手をかけたと思うと一層その感が強い。

さあ、コースで試すだけじゃ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2012年3月22日 (木)

クラブ入れ

楽天のポイントの期限があって色々見つくろっていた時に見つけた物。

本来は練習に行く際に4,5本持って行くための物のようで1Wもすっぽり
入る長さなのだが、少し短く、底が2重なるように縫って、ラウンドの際
ウェッジ類を持ち歩く時に使っている。

ラウンドに便利なホルダーバック

こういう商品もあるがちょっと値段が高いし、かさ張って仕切りのある
キャディーバッグに入らない怖れがある。
ちょっと仰々しすぎて恥ずかしい。(¥2980)

上のは袋なので普段はキャディーバッグに入るしラウンド中はパター
ケースにも入る。(ケースが2つある時だけ1つを使わせて貰う)

グリーンが近づくとパター、ウェッジ3本の4本を入れて持ち歩く。

一番良いのは使わないクラブを下に置くときグリップが濡れないこと。

朝早いと露で下は濡れていて今迄はタオルを置いてその上に使わない
クラブを置いていたがその心配がなくなった。

雨の場合は効果抜群。傘の柄に立て掛ける苦労をしなくてもよい。

勿論ホールアウトした時にもグリーン周りにクラブを忘れることはない。

ちょっとした便利用品の紹介でした。

使うクラブしか持っていかない人には不要かな。

| | コメント (0)

2012年3月21日 (水)

整形外科で

今通っている整形外科には参った。

膝に注射を打つときズボンを下げさせる。

捲り上げて十分膝は出るのだが看護婦は気に入らないらしい。

当然パンツ丸見えになる。

泌尿器科などで下を脱がすときはカーテンをして他の看護婦の目から
守ってくれるがここはそうでない。

パンツまで脱ぐ訳ではないのでカーテンまでは必要ないということだが

見られているとは思わないが何となく人前でズボンを脱がされるのは

恥ずかしい。

変なパンツは履いておれない。

睾丸が腫れた時ブリーフのパンツを履くことを勧められた。

睾丸を支えた方が良い、と言うことらしい。何枚か買って履いていたが

ブリーフって子供ぽくって嫌だけど人に見られなければよい。

最近はボクサーパンツというピッチとしたのもあるのでそれに切り替え
つつはあるのだが人の目に晒されるとなると整形へ行くときはボクサー
を履いて行かないと恥ずかしい。

この歳になっても恥ずかしい気持ちはあるよ。(大分なくなったけど・・)

着る物も普段着ばっかりでかまわなくなった。

ウチも外も同じ格好で生活している。

ゴルフに行くときだけちょっとおしゃれをする。

それがアクセントにはなっているが着ない服が箪笥にいっぱい。

どうしましょう。

古着屋も1㎏ 500円ではねえ。

| | コメント (0)

2012年3月20日 (火)

ピンG20のSW

今迄XXIOアイアンの5~AWとフォーティーンの52度、56度、60度の
ウェッジを使ってきた。

今度ピンのG20を買った時、ついでなのでUW(50度)、SW(54度)も
買ってみた。(なぜAWやGWでなく「UW」なのか、未だに分からない)

これに58度のフォーティーンのウェッジを付け加えて完成。

この2ラウンド使ってみたがSWが滅茶苦茶打ち易い。

バンカーからすいすい出るだけでなく距離もでる。

今迄のフォーティーンはバンスが薄く砂に潜ってしまったがピンは
滑ってくれる。

バンカーの恐怖心が全く無くなった。
バンカーへ入ってもすぐ出せると思うと怖くない。

今迄はガードバンカーへ入れると、出すだけ、寄せる、2パットと
4打かかる「予算」だったのが1打は確実に減るのは大きい。

4オン2パットのダボが3オン2パットのボギーで済むのだ。
場合によってはパーもとれる。

以前は出すことだけで精一杯だったがある程度ピンが狙える感じ。

それが災いしてオーバーしてパー3で8叩く原因にもなったのだが
成果はあったと思っている。

バンカーの練習も必要だが出しやすいSWを使うと心に余裕が出ますな。

(UWの「U」は「ユーティリティー」だそうです。驚きました。)

| | コメント (1)

2012年3月19日 (月)

「がんばろう日本」について

日本人の特徴ですな。

スローガンが好きなのです。またスローガンがないと
共通認識が持てず「自分だけ?」ということを怖がるのですね。

プリウスやフィットが売れるのと同じですな。
かってはカローラでしたが。

個性、個性と言いながらみんなと同じであることで安心するのです。

がれきを全国で受け入れるのなら文句も言えませんが自分のところだけ、
というと大変なのです。

「がんばれ!」は人に向かっていう言葉で他人事ですが「がんばろう!」は
やや自分にも
向いているので罪悪感が減るのでしょう。

ところがこれが他人に向かっての言葉になっていて自分は少しも「がんばる」
意識はないのです。ただ募金をすれば責任を果たした気持ちになるのです。

復興が遅々として進まないのはこうしたエゴにあります。

今の時代強引に物事を進められず「住民合意」が全て優先します。
全員が合意するなんてことは出来る訳がないのです。

日本人は何か新しいことをやろうとすると必ず「ペシ」になります。

あれも心配、これも心配。大丈夫かの大合唱です。

マスコミが反対運動を過大に報道して一層混乱させます。

この機会を利用して・・というのが見え見えなんです。

「国鉄」も「郵政」も全く問題なく進捗しています。

あの前の大騒ぎは一体なんだったのでしょう。

民主党が悪い時に政権をとって苦労しています。

元々その力はない所で流れで来ちゃったので大変です。

それでも野田さんは頑張っているようです。

仲間が足を引っ張らなければもっとやれる人なのに可哀想ですね。

消費税のUPはやむを得ない所です。

みんなで出し合うしかないのです。

| | コメント (0)

2012年3月18日 (日)

パソコンは気まぐれ

パソコンの文字入力は「ローマ字入力」だがそれが突然「かな入力」に
変わってしまった。

最近はトラブルが起きてもそう大したことは起きていないがこれには
驚いた。

何処かを触ったのかな。

さあ、戻すにはどうしたらいいか分からない。

キーには日本語も書いてあるのでそれはそれなりにやればいいのだろうが
どのキーがどの文字か探すのが大変でとてもできない。

「お気に入り」の中にメーカーのHPがあったのでそのページを開きそれらしい
所を探っていたら下のバー(名前があるはずだが)の中に四角いアイコンが
ありどうもそれを探ればいいらしい、と分かった。

単語登録でよく使うアイコンだ。

クリックすると「プロパティー」がある。

そこをクリックすると「入力設定」が「かな入力」になっていたので「ローマ字
入力」に変えたら直った。やれやれ。(「入力モード」でもいいのかなあ)

PCに詳しい人にとっては何ともないことだろうが車と同じで運転はできるが
メカはさっぱり分からない。

身近に聞く人もいない。(これが一番困る)

兎に角パソコンは気紛れで突然色々なことが起きその度に血圧が上がる。

便利で無くてはならぬものだがこう気紛れでは気が休まらない。

| | コメント (0)

2012年3月17日 (土)

ヒアルロン酸注射

1.5Rのゴルフで花粉症の症状も現れず、膝もそんなにダメージを受け
なくてやれやれ。

先週初めての整形へ行って右ひざが「加齢によるヒアルロン酸の不足」
と診断され
その続きの治療に行った。

今回は左ひざも見てもらうと「右と全く一緒」と言われ、注射。

ちょっと痛い。

加齢によるものですり減った軟骨は復元しないだろうからこれからは

ず~っと通うことになるのか、と聞くと「そうですね~。」

「暫くは1週間毎。その後2週間おきに治療しましょう。」

「ヒアルロン酸を増やす薬はないのですか」

「無いですねえ。皇潤は良いですよ。でも高いよねえ」

市販薬はあって医薬が無いのは可笑しいなあ。
だから皇潤は高いのかな。

あれも飲み続けなければいけないのだろう。
毎月1万円はきついよ。

こういう種類のサプリは甲殻類を粉にして使っているとのことで私には
アレルギーがある。だめなんです。

スペニールデスポという注射は効いていて痛みは減っている。

2週間ごとなら仕方がないか。

これからは何でも「加齢」と言うことで付き合っていかねばならんのだろう。

| | コメント (2)

2012年3月16日 (金)

春に向かう日のゴルフ

15日のゴルフ。

最高気温は12度の予報で冬装束で出かけたがさすがに3月中旬。

長袖の機能インナーとポロシャツで十分の暖かさだった。

短いショートホールでホールインワン。

セルフで前後の組もおらず証人はおらずでそれだけで済んじゃった。

「あ、入っちゃった。」と言うだけで何の感動もなし。

長いバーディーパットが入った方が何倍も嬉しい。

滅多に出来ないことだがやろうとして出来た訳ではないのでそんなに
嬉しさは湧いてこない。

それよりこの後どうしたらいいのかな、と思っただけ。

生涯で2回目だが2回ともそんなに嬉しくはなくスコアーカードになか
なか書くことがない「1」と書けることがちょっと嬉しいかったかな。

上がった時は忘れていてコースへの報告もしなかったけど何かお祝いを
呉れたかなあ。

早いスタートで空いていたので当然のように1.5Rしたが最初から最後
までアプローチ、パットの距離感が合わずグリーンを行ったり来たりで
終わってしまった。

50度のUWを多用した。
慣れるためもあったしボールが柔らかくもっと止まると思い攻めた結果の
こと。

グリーンで止まらず奥へこぼれる。
10ヤード位の砲台グリーンへのアタックになる。

ボールが止まらず反対側まで行ってしまう。
50度のUWではフォーティーンのウェッジとはスピンが違うことを認識させ
られた。

何度やったことやら。学習能力の欠如じゃなあ。

収穫は170ヤードのかなりの打ち上げのショートホールで5i でオンできた
こと。
26度の5i でちゃんと打てたことがホールインワンした事より嬉しかった。

この歳になってなんでこんな苦労をしなければいけないのかなあ。

もう少しましなゴルフができると思ってやったことだが・・・。

| | コメント (2)

2012年3月15日 (木)

今月3回目のゴルフ

3月も中旬だというのにまた寒い日は続いている。

今週は木曜日がやや暖かいようなので行くことにする。

しかし冬装束だ。

ピンG20に少し慣れてきてグリーンアタックが楽しくなってきた。

まだ時々悪い癖の「トーダウン」が出てダフるがかなりよくなっている。

グリーンが小さいのでなかなか乗らないが近くまでは行く。

アプローチとパット次第と言うことになるがボギーは取れる。
ということはハーフ45を切れるはずなんだ。

ハーフ1パット3回が目標だが果たして今回はどうなるでしょう。

この頃出だしの1番で大叩きをしてしまって苦労している。

別に無理をしているわけではなく何時もと同じ気持ちでやっているのに。

慎重に、と言ったって慎重にやれば良いショットが打てるわけでもない。

出たとこ勝負のゴルフだから運次第だろう。

上手く当たってください、と祈るしかない。

珍しく前日に8時7分という時間が取れた。
前日に時間が決まるのは久しぶりじゃ。

ちょっと早いが決まらないより気が楽。

ボールはNEWING PREMIAM BRILLというコンプレション50という柔ら
かいもの。1ダース1万円もする高級ボールをセールで買った。
初めて使うがどんな感じなのだろう。

だからパターはキャメロン登場。

さあ、頑張ろう。

しかし、花粉は大丈夫かな。
先回初めて目が痒くなり鼻水が出て困ったから目薬持参で行ってきます。

| | コメント (0)

2012年3月14日 (水)

ガソリン・がんがん値上げ!

ガソリンが156円になっていた。

2月中旬まで145円だったのが2月の下旬から毎週火曜日に値上げ。

147円→150円→153円→156円 とほぼ10円も値上げになった。

ガソリンの値段は1円高くても「ここは高い。」と敬遠する。

50L入れても50円にしかならず自販機やコンビニでの買い物を1つ
減らせば出る金額なのに。

しかし10円は大きい。50Lで500円になる。

500円あれば昼食代にしてもお釣りがくる。

ガソリンスタンドにしてみれば原価が高くなりやむを得ないのだろうが
他所が下げれば下げざるを得ない。

競争がきついと言っているが値上げが一斉にされるということは「談合」
しているのに間違いない。

都会と違ってこういう中途半端な田舎町はそれでなければやっていけ
ないだろうと同情はする。

エコカーが普及して需要は減り、後進国の車需要で元値が高くなる。

この先ガソリンが安くなる見通しはない。

ますますエコカーの需要は増えることになる。

だからといって車を乗り換えるのはお金がない。

ここでは車無しの生活は考えられない。

出かけるのを減らすしか策はないのかなあ。

| | コメント (0)

2012年3月13日 (火)

「富士ひらら」なるもの

昨日UPした「ホコタテ」に今迄にない数のアクセスがありTVの影響力の
凄さに驚き、また富士山への興味の高さもあっただろう。

「富士ひらら」なるもの。富士市の町おこしの一環で考案した食品。

米粉で作った紙のようにひらひらしたせんべいというかうどんと言うか。

それを様々にアレンジして商品化しようとしているようだ。

富士市が「紙の町」という事と関係があるようだ。

入山瀬という身延線の駅の真ん前にアンテナショップの「レストラン」が
出来たという事で行って見た。

専用の駐車場は無いので聞くと前の農協の駐車場を使ってくれと。

私のような物好きもいるのだからせめてその旨の案内表示が欲しい。

そういう配慮がなくまずここから気に入らなかった。

定食700円とひららあんかけ500円、ぜんざい300円を注文。

するとカウンターの中で「ぜんざいは出来ないよねえ」と相談し出す。

要領を得ない。

注文が通ったのかどうかもよく分からないが20分位待たされる。

(写真を撮れば良かったが普段ケイタイも持ち歩かないので・・・。)

定食のメニューには「ごはん、ひらら汁、豆乳ひらら鍋、煮物、漬物」と
書いてある。。

出てきたのは、ごはん、ひらら汁、豚肉の焼肉、切り干し大根の煮物、

根昆布の佃煮、酢の物。

豆乳ひらら鍋がない。焼肉がその代りかな。それならそうと言うだろう。

聞くと「ひらら汁と鍋のどちらかだ」そうだ。

確かにメニューには「ひららはどちらか選んでください」と書いてあったが
意味が分からなかった。そう言う事だったのか。仕方なし。

しかし「選べ」と言うからには注文の時聞くはずだ。

勝手に「汁」にするのかよ。「鍋」が食べたかったのに。

まあ、相手も素人らしいので追及はしなかったがそれなりの研修は
やったのだろう。

それにしてもこれで商売をやれると思っているのだろうか。

素人だから、と許してもらえると思っているのだろうか。

本気で地元のB級グルメとして売り出そうとしているのか。

お金を取る以上それなりの対応が出来なければいけない。

地元の主婦連が思いつきでやりだし商工会が仕方なく応援と言う構図かな。

富士宮市も安易に店を開きすぐ潰れる。
お隣の富士市も体質的には同じ様だ。

肝心の「ひらら」だが箸で持つと柔らかすぎてちぎれてしまうので丼を持って
かきこまねばならない。美味しいとはお世辞にも言えない。

あんかけは固い焼きそばの様な作りだったが長さが長過ぎ箸で持ちにくく
太くて食べにくい。こんなものを商品として出す人の気がしれない。

発想が安易すぎる。まあ2度と食べないだろう。

| | コメント (0)

2012年3月12日 (月)

ホコタテ富士山対決

昨日のTVは「3月11日特集」ばかりだったが「ホコタテ富士山対決」という
番組があった。

静岡県側と山梨県側とどちらの富士山が美しいか、を5枚の写真を外国人
に見せて評価しようという試み。

私は静岡県には住んでいるが美しさという観点で見れば山梨側だ。

湖と山はどこを切り取っても絵になる。生活感を感じさせないのだ。

静岡県側は伊豆や日本平などの遠くから見れば美しいが側からでは住宅や
高圧線が入ってしまう。写真になる所は限られる。

雪景色も静岡県側は風で雪がはげはげになり「沢」に雪が残って汚い。

静岡県側は山梨にはない景色ということで新幹線と富士山の写真を出した
のが外国人受けせず負けてしまった。

予想通りとはいえちょっと残念。

しかしなぜ静岡県へ来たかというと暖かいからが一番の理由。

山梨側の景色の良さは認めるがああ寒くては堪らない。

また来て見て分かったことだがここは食材が豊富。

魚、肉、野菜と果物。それとお茶。

み~んな美味しい。

いい所だと思うよ。

| | コメント (0)

2012年3月11日 (日)

再び整形外科へ

泌尿器科の診察が予想より早く終わったので迷ったが整形へ行くことに。

先日以来右ひざの内側のとんがった骨の部分が痛む。

「立つとキヤッ~」は知らない内に直っていた。

整形や接骨院、鍼灸院と渡り歩いても一時は収まるがひと月もたつと

元へ戻っていたのが1年近く経って直っていた。

どうして直ったかは分からないが痛くないのは嬉しい。
朝晩の「ブリッジ運動」(仰向けに寝て膝を曲げ腰を上へ突き上げる)が
効いたとしか思い当たることはない。

右下腹の痛みもかなり減ってそんなに苦ではなくなった。
これは前立腺炎の治療薬(セルニルトン)が効いたのかもしれない。

それはそれで嬉しいのだが人生そんなに甘くなく今度は左右の膝に異変が。

右ひざの内側、左ひざの皿の下に階段を上る時やしゃがむ時に痛みが出る。

歩くのには支障はないので湿布を貼ったりしていたが痛みが増してくるので
勇気を振り絞って整形外科へ行くことにした。

行ったのはウチの近くで初めての所。なんか「ひなびている」。
従来の所はちょっと遠いし先回の対応に不満だったので。

入ると数人の先客。
整形にしては空いていたが続々と人が来て待合室はほぼ満杯状態。
何処の病院も繁盛している。

暫く待たされてX線、診察と言う手順。

結局加齢による軟骨成分の硬化と言う診断でヒアルロン酸の注射を膝に。

膝に注射をされるのは初めてで怖かったがそんなに痛くなかった。

薬と湿布を出すからまた1週間後に来なさい。今日はお風呂はダメですと。

薬局では痛み止めという事で「ロキソニン」が投薬されたがこれは拒否。

今は何処でも「ロキソニン」だが私は以前これで酷い薬疹が出た。

その旨言うと痛み止めはやめて湿布のみ。140円。

痛み止めが必要なほど痛くは無い。

「ゼポラス」という初めての湿布だがなかなか気持ち良い。

この程度で医者に行くのはためらうのだが行って良かったと思ったのでした。

| | コメント (0)

2012年3月10日 (土)

3月11日

震災地ではなく東京で慰霊祭が行われる。

東北の何処でやるかは難しいだろうが東京で実施されるのには違和感はある。

出席者の都合優先のような気がする。

そのためか震災地各地の1周忌の法要が土曜日に行われていた。

きっと各地の首長が11日に東京へ集められているからだろう。

首長抜きで各地で当日にやるわけにはいかない。

何か変だなあ。

何事も東京が中心に回っていることは間違いない。

東京の直下型地震の危険が増したと大騒ぎ。

東海地震なんか何処かへ飛んでしまった。

東京スカイツリーの展望台の上にお天気カメラを付けたという事でその光景を

見せていたが東京の高層ビルが「墓場」のように見えました。

| | コメント (0)

泌尿器科で

昨日は泌尿器科の通院日。

8時半からの診察開始なのに8時40分に行ったら既に駐車場は一杯。

15台位の車が停まっている。何じゃこれ!!。

中へ入ると先客は4人だけ。

今診察をしている人を入れても5,6人であの駐車場の込みようは何だ?。

近くの人が停めているのか、と思って聞くと「スタッフも停めているので」と。

普通スタッフの駐車場は別にするのになあ。

ここは車社会なのでスタッフの全員が車で通勤しているだろう。

薬局を含めて10人近くが開院前に駐車場を「占拠」しているのだ。

これはまずいよなあ。今度医者に文句を言ってみよう。

前立腺は快方に向かっているのでアボルブは中止することに。残ったのは
「リストリーム」というふざけた名前の薬。尿道を広げるのだそうだ。

ついでなのでゴルフで花粉症になりかかったことを訴えて点眼薬と点鼻液
を出して貰った。

薬局で買うより安くつくし、効き目が良いような気がする。

内科だろうが泌尿器科だろうが頼めば何でも出してくれるから健康保険は
大変になることは分かるが便利なので・・・。

| | コメント (0)

2012年3月 9日 (金)

ついに花粉症か

3月7日のゴルフの時、5ホール位回った頃から目頭が痒くなり

鼻水が出だした。

うん?。これって花粉症の症状だぞ。

鼻はクリームを塗って予防してあったが目は普通のサングラスのみ。

なんとか午前のハーフを回ってトイレで目を洗ったが痒みは取れない。

食堂でおしぼりに氷水を染み込ませ冷やし続けると収まってきた。

午後のラウンドでは鼻にクリームをたっぷり塗った。

目は「氷水冷やし」が効いたのかその後痒くならず済んだ。

ウチへ帰るとまた目が痒くなり出したので目薬をさしたら止まってくれた。

そう言えば去年のシーズンは花粉が凄いという事で予防注射も打ったし

薬も飲んだっけ。

今年は花粉が少ない、という事で油断していた。

雨上がりの風がある日で花粉が一斉に飛んだようだ。

雨上がりに車が「水玉模様」になる。

黄砂だと思っていたら天気予報のお兄さんが「花粉」と言ってた。

この程度で済んで良かった。今度の通院の時に薬を貰おう。

油断大敵じゃ。

| | コメント (0)

2012年3月 8日 (木)

テロン中尺再登場

先回散々な出来で一度はお蔵入りしたテロン中尺。

シャフトを3cm短くしライ角も3度アップライトにした。

長さも丁度良くなり、アップライトにして構えやすくなりウチのマットでは

3本中
一番具合が良い。

コースで試してみたくて再登場となった。

3月7日(水)。

その為とは言わないが天候がこの後怪しいので急遽行くことにした。

この日も「相棒」は事前には居らず、飛び込み状態だったが4人揃った。

2人は良く回る人で1人だけ初めて。

顔見知りのサエグサさんは85歳の方。平気でハーフ40台で回る。

1Wも180ヤード位飛び、FWも上手い。エージシュート目前。

この人を見る度に「この歳まで出来るかなあ」と思う。

テロン中尺はウチでは良いのだがコースへ出るとなんか違和感を感じる。

テークバックしにくいとかインパクトしにくいとか、フィーリングが合わない
と言ったらよいのかなあ。

長いのが入ったり短いのを外したりでこんなもんなんだろうけど。

どうも気持ちとぴったり来ない。何なんだろうか。

G20は段々当たりだした。もう少しだ。

スコアーは出だしの白糸コースの1番、パー3で8、3番のパー4で13!
(OB4)と叩いて久しぶりにover50。

こんな日もあるさ。

お天気も予報と違ってお日様は全然出なかったけど暖かでした。

あ~ああ。

| | コメント (0)

2012年3月 7日 (水)

富士山の世界遺産へ

富士宮市は富士山の世界遺産登録を目指して色々取り組みをしている。

今頃なんだ、と思うがやらないよりましだろう。

朝霧高原一帯の広告を規制したり、まとめたりして景観を保とうと
取り組みを始めたらしい。(3月2日静岡新聞夕刊)

あの牧場の風景と富士山の写真を撮ろうとしても車を停める所すら
ない。下手に停めると渋滞を起こす。

ずうと昔、志賀高原に行った時景観保持のため建物の屋根の色を
緑に決めたり、建物のに色々規制をしていたと覚えている。

ここへ来て富士山に対する住民や商売の仕方を見て来て余りに
無関心なのが不思議だった。

有名な山小屋のトイレの問題がその典型。

外人に指摘されこの10年でやっと取り組み始めた。
今迄何をやってきたのだ、と腹が立った。

私が一番気になるのが「高圧線の鉄塔と電線」。

電線は山梨側には全くなく静岡県側の山麓を横切っている。

写真を撮るにもこの鉄塔と電線が邪魔をする。

「今日の富士山」の写真でもいっぱい入っている。

浅間大社で大鳥居と富士山を入れて写真を撮ろうとすると街灯が入り込む。

こういう配慮が全くされていない。

街の中心街は電線の地中化をしてとてもよくなった。

この高圧線や茶畑の電線をぜひぜひ地中化して欲しい。

海外の写真を見ると殆ど電線は見られない。観光地では常識なのだ。

日本では効率ばかりが優先しこういう配慮がされず電線ばっかり。

無理を承知の願いで叶えられないだろうが富士山を大切に思うならこれ
位の事はやってほしい。

| | コメント (0)

2012年3月 6日 (火)

行列ができる訳

先日入り口に行列が出来ていて入るので止めた「つけ麺」の店へ行った。

その日が期限の割引券があったから。

750円のつけ麺が500円になるというもので魅力的だったしその店にも
興味があった。

以前は「セルフうどん」の店だったが知らぬ間に変わっていた。

「つけ麺元祖の店」だそうだ。

まず入り口が狭い。

その狭い所に「券売機」があって食券を買わねばならない。

このシステムは私は嫌い。

何を食べようかと決まっている時は問題ないがそうでないときは何にしよう
かな、とメニューを見て考える時間も結構楽しいものだ。

その暇を与えず決心させるシステムはまずマイナス要素。

後ろに人が立つともういけない。

待たせては悪いと思うからいい加減な所で決めなければならない。

こういう気を遣わせる方法は間違っている。

店員がお金を触らなくてよく、注文も取らなくてよく、メニューも要らず店には
都合がよいかもしれないが客の事を考えていない。

気を遣わずのんびりとやる人がいると行列が出来る。

店の外に人が溢れる。

それが狙いじゃないかと思わせるやり方だ。

入り口をもっと広くし券売機も2,3台置けば解決するのにわざわざ混雑
するようにしているのは行列を作らせるためとしか思えない。

これならバイトを雇わなくても「行列が出来る店」となる。

つけ麺は美味しかったのにまっこと残念なシステムでありました。

| | コメント (0)

2012年3月 5日 (月)

71歳になりました

今日は私の誕生日。

71歳になりました。

別に嬉しくも何ともないのですがこんなに長く生きるなんて考えたことも
ありません。

ご幼少の頃は体が弱く「要注意」だったのでぼや~っとながら75歳までは
生きたいな、とは思っていたのでもうすぐになりました。

長生きしたいと言う気持ちはさらさらないのですが健康ではいたいと
思っています。

背反するようですが事故かなんかでぽっくり往けたらと思っていて
それまではゴルフが出来る状態ではいたいと思っています。

70歳になった時は「古希」とかでお祝いを頂いたりしたのですが

この1年、体の調子は良くなく色々な病院へかかることになりました。

体の「変わり目」と言う感じがしました。

どんな状態でも「加齢」でかたづけられそうです。

医学の進歩で死なせてもらえない状態で無理やり長生きさせられるのは
たまりません。

それで医療費がかかるとか年金が足らないとか言うのは矛盾しています。

80歳くらいになったらもっと生きたい人とそうでない人の選択が出来ると
良いのじゃないかと思うのです。姨捨山は至って合理的なシステムです。

そんなことを思う誕生日なのです。

| | コメント (2)

2012年3月 4日 (日)

3月1日のゴルフ

やっぱり「もろちゃん」後退。

今年も駄目かなあ。
でもちょっと引き締まって綺麗になったような気がします。

馬場サンは何時もの感じでまた2位かな。
スラックスはお尻の大きさが目立つけどミニスカートに変なタイツを履くより
似合っている。

クラブの契約をせず独自の道を行くとか聞いたけどいいねえ。
がんばって欲しい人の一人。

3月1日のゴルフ。

一緒になったのは60代の夫婦とフリーで来た一人。

キャディマスターが気を効かせて4人にしてくれたようだ。

この夫婦とは以前もやったことがある。

そう言うと旦那は「さ~」と全く関心がないと言う風情。

普通は「そうでしたねえ」とか話を合わせるものなのに。

奥さんが「私は飛びませんから」とさっさと「白」から打ってしまう。

前が詰まっている時などは女性を先に打たせることはあるがそれが
当たり前、という感じはなじめない。

旦那は「青で」と。

HD16とかでそう格好つけなくてもと思うのだがどのティーで打つかは
本人の自由(黒は許可がいるのはどこも同じ)。

この歳でもうHDCや飛距離は拘らなくてもいいのに。

私が「白」で打つとすると、まず奥さんが「白」で打ち、2番目に旦那が
「青」で打ち、幾ら前のホールで良いスコアーで上がっても「3番バッター」
となる。

これが何とも面白くない。

どのティーを使うかはその人の自由なのだがこの打順が面白くない。

オナーになって1番で打つことでテンションが上がってくる。

この位置を保とうと頑張る元になる。

「青」と「白」とは10~15ヤードしか違わずスコアーは全然変わらない。

「それでは私達も青でお付き合いしましょう」という事になる。

ここで私はHD10の面目としても「白」で、とは言えない。

初めから飲まれた感じで悔やしいのだ。

出だしから変な雰囲気だったのです。

その後この夫婦の旦那とは敢えて書きませんが2度とやりたくないと思う
ことが続出するのです。

フリーで来るとこう言う事もあるんだと思った一日でした。

口直しにフリーで来た人と二人で追加ハーフを回ったのだがその時の
スコアーがその日3ハーフの中で一番悪かったのは一体なんだったの
だろう。

| | コメント (0)

2012年3月 3日 (土)

キャメロンとG20

久し振りに諸見里しのぶサンが一番上に居る。
昨年は全く良い所がなかったがあの「ニッコリ右手上げ」を見たいものだ。
ギャラリーの声援に対しニッコリすることと右手を頭より上に挙げて応える
のが礼儀だ。上田や横峯はそれをしようとしない。

馬場ゆかりサンもいるぞ。楽しみな開幕戦だ。

3月1日のゴルフ。

チェックイン時も相棒はいない。

こんな天気だから絶対に来ると思ってパット練習。

今日はキャメロン。

グリップを替え、シャフトを3cm短くしての初打ち。

いい感じ。

何時もいうが練習で良い時は本番はダメなもの。

その予感的中で1m以下の短いパットを外しまくった。

先回はあんなに入ったのにリフォーム失敗か。

ウチでのマットでは絶好調だったのに。

それと今日はピンG20のデビュー。

ちょっと緊張した。

全体的には良い。

XXIOでの右へ流れる球は一つもなし。

ただトップ気味に入るとライナーにならず上がるが飛ばないというのは
初経験。バンカーに良く入ったがSWはめちゃくちゃ打ち易い。

XXIOだと弱々しくスライスするがG20はそれがない。

XXIOとの比較のため今迄と同じ番手で打ってみたがやっぱり少々
飛んでいない。

それとウェッジの距離感が合わない。

これは覚悟していたことだがパットが悪かったせいかアプローチへの
要求水準が高くなったこともある。

もう少し打ってみなければ結論は出せないが初打ちとしてはまあまあか。

| | コメント (0)

2012年3月 2日 (金)

PIN G20 デビュー

29日、東京は大雪で大騒動だがこちらは午前中かなりの雨。

昼からは上がって3月1日は「春!」と言う天気。

しかし、この後また雨模様。

こんな日にウチに籠っている訳にはいかないと出かけることに。

前日の昼ごろに電話を入れる。

「あいにく・・・」という返事。

まあいいさ。行けば何とかなるだろう。と言う気持ちで出かける。

どうもこの頃「フリー枠」の入りが悪い。みんなどうしちゃったのかな。

PIN G20の筆おろしとキャメロンのリフォームがどう出るか。

はてさてどんな球が出るのだろう。

練習では1度使っているが本番は気持ちが違う。

1番のPAR5.

普通は第2打をUTで打つのだが今日は5iで試し打ち。GOOD!

2番打ち上げのPAR3 172Y。実質180Yを超えている。

ここも何時もはUTだが今日はさっきGOODだった5iで。GOOD!

となる筈でしたがはたして・・・。       (つづく)

| | コメント (0)

2012年3月 1日 (木)

パター3本

オデッセイ#7・34インチを使って調子良かったので他のクラブも

見直すことにした。

まずキャメロンコンビS。

ライ角の調整が出来ないという事で短くするしかない。

とりあえず3cmカット。ついでにグリップを「ペンタッチ」に替えた。

まあいい感じだがヘッドが妙に大きく感じる。

3cmヘッドが近くなっただけなのにおかしなもんだ。

#7は柔らかいタッチ。キャメロンは硬い。
その日の気分で使い分けよう。

次にテロン。

これはキャメロンと同じ形のシャフトだが材質の関係で曲げれるそうだ。

とりあえずいっぱいの3度、アップライトにして貰う。

しかしまだお腹に着き過ぎるのでやはり3cmカット。

そしたらすごく感じが良くなってこれなら使える感じになった。

3本の中で一番フィットしてしまった。

一本を長く使う人もいるが私は色々のクラブを使っての放浪中。

これだ、と言うのに出会うまでこんな事を繰り返すだろう。

| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »