« 神様の女房 | トップページ | 11日のゴルフ »

2011年10月11日 (火)

ゴルフは「学習能力」

ゴルフが上手くなるかどうかは要は「学習能力」。

幾ら練習場で練習しても、そこで上手く打てても実際の場面ではティーグラ
ウンド以外はそうした設定はない。方向さえつかめない人が多い。

「練習場シングル」なる存在がそれ。
練習場では上手く打てるのに本番ではからっきしダメ。

練習場でも上手く打てるのは何回かに1回なのだが上手く打てた時が
自分の実力だと誤解する。

こういう場面でどう打ったら上手くいったかという「成功体験」を瞬時に思い
出し、それを再現できなければならない。
同じミスを繰り返しているようでは上手くならない。

アイアンやアプローチもキャリーの距離はつかめてもランの距離も経験。
またキャリーと言っても練習場ではボールも違い正しくは分からない。

コースできちんと当たった時何ヤード飛んだかを何回か経験して初めて
自分の距離が分る。

殆どの人は自分の距離を掴んでいない。
その証拠にグリーンへ打つときトップした時以外はみんなショートする。
手前から攻めるのがセオリーだ、と言うがこれは違う。
距離を過信してのショート。

時々場にそぐわない打ち方をして失敗する。
次にその場面に至った時その失敗を思い出しレッスン書の内容を思い出し
その打ち方ができるか、にかかっている。

なぜかコースへ出ると同じ事ばかり考えてその時の状況に配慮が行かない。

要は学習能力が足らず同じ失敗ばかり繰り返す。

それが楽しいのかもしれないが。

|

« 神様の女房 | トップページ | 11日のゴルフ »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神様の女房 | トップページ | 11日のゴルフ »