« 泌尿器科・対応に困る | トップページ | 新製品に弱い »

2011年7月 3日 (日)

節電のうそ

「所さんの目がテン」と言う番組が土曜の夕方(17時から)にある。

企画が面白いので良く見る番組だ。

昨日は「節電について」。

エアコン、冷蔵庫、テレビの節電対策と言われるものを検証していた。

エアコンでは「除湿」と「冷房」でどっちが電気代がかかるか。

この結果は知っていたがやはり「除湿」の方が電気を食う。

除湿は一度温度を下げて湿度をさげ、その後温度を下げないために
温めていると言うことは知らなかった。

次は今流行の冷蔵庫の「ビニールカーテン」。

これは良いが物の出し入れが不便だろうな、と思っていたらその通り。

中の物が分かりにくく扉を開けている時間が長くなり、結局冷気は逃げ
てしまう。さらにドアーポケットの冷蔵が弱くなるので気をつけろ、という
ことでペケ。

ホームセンターで今迄の何倍の売り上げになっていると言うがこれで
売れなくなる。

最後が「テレビの待機電力」。

いちいちコンセントを抜くのは手間なのでスイッチの付いたテーブルタップ
を買ってきて使っている。これは効果が大きいと期待したが今のデジタル
TVでは1年間に17円の節電になるのみと。

Dscn0678

ブラウン管TVでは節電効果があるものの今のは一々切らなくても良い。

「節電のためTVを見ないときはコンセントを抜きましょう」と言うキャンペー
ンは何だったのか。

原発事故の発表と同じでこんなことだと他の節電対策も信用できない。

そういう意識を持つための道具にされた感じで腹立たしい。

スイッチつきテーブルタップは便利でいいのだが通電中に豆球が点灯する。
この方が電力を食うのではないかと心配する。
当然LEDにすべきだろう。小さいから大したことはないかもしれないが・・。

節電、節電とエアコンを使うのも気にしながらの毎日だがどうやって15%
減らそうかと思案する。協力はしたいがやりかたがないのだ。

|

« 泌尿器科・対応に困る | トップページ | 新製品に弱い »

生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 泌尿器科・対応に困る | トップページ | 新製品に弱い »