« グリーンフォークの使い方 | トップページ | 全英オープン »

2011年7月16日 (土)

使わなくなったクラブの処理

今は中古のクラブを買ったり、要らなくなったクラブを売ったりは
日常の事となった。

これだけ新製品が続々と出てくるのでサイクルを作らなければ
売れないことになっている。

中古のクラブも再買い取りなどで買いやすくはなっている。

私も使わなくなったクラブは基本的に売ってしまう。

ドライバーのXXIOのように2年毎に買い換えるとその資金を得る
ためには必要な行為だと考えている。

もうこの後はそんなに買い換えるつもりはないがまた欲しいクラブが
でてくるとどうするか分からない。

中古ショップは「ゴルフパートナー」「ゴルフBANK」が富士市にある。
「ゴルフ5」でも買ってくれるのかもしれない。下取りのみかな。
富士宮市にはゴルフショップが無い。(修理屋はある)

先日偶然富士市で「みんなのゴルフ・GOGO」という店を見つけた。

ここはかっての「ゴルフパートナー」でこの店が「ヴィクトリア」の中に
移った後にできたようで別の会社だと言っていた。

クラブを売るときこっちが予想した値段を上回る事は滅多に無い。

ちょうどその店が欲しいクラブや人気のクラブなら上回る事もある。

一応GDOやフェスティバルゴルフで見積もりは出来るので事前に
大体の値段は調べておく。

その値段の交渉は苦手。

車を買うときもそうだがこういう値段の交渉は上手くない。

相手は毎日こういう事をやっているのだから売り手の心理は良く
分かっていて足元を見てくる。安く提示して買い叩く。

最後は「どうせ使わないのだから・・。」と提示された値段+500円
位で手を打ってしまう。

口惜しいが仕方が無い。

ドライバーはクラウンに傷が無い限りまあまあの値段にはなる。

低いのはアイアンとFW。これは地面を叩くので傷が付いている。

アイアンは買う時は10万円近くするが売るときは1~2万円。
FWやUTはどうしてもフェースに傷があるので2~7千円。

パターはいろいろでかなり悪いものでも1000円では買ってくれる。
そんなに傷はつかないし、店に品数が欲しいせいだと思う。

まだ納屋にはいっぱいクラブが眠っているが売れそうにないもの
ばかり。その内粗大ごみにでも出そう。

|

« グリーンフォークの使い方 | トップページ | 全英オープン »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« グリーンフォークの使い方 | トップページ | 全英オープン »