« ゴム製ゴルフシューズ | トップページ | 充電式扇風機・その後 »

2011年6月23日 (木)

最近のゴルフ

奥さんの入院中の15日にも行ったのだが都合があって書けなかった。

結果は8~10歩のパットが3本も入ったが43,41と可もなし不可もなしの
内容だった。

ドライバーは相変わらず快調だがこの日はアプローチが寄らず、長いのが
入った割りにスコアーは「こんなもん」と言う感じ。2打多い。

コースの状態もショットも良くなってそろそろ30台が出そうな感じなのに
大叩きするホールが出てしまう。7や8を打つと挽回できない。

バーディーが出ないと良いスコアーにはならない。
そのためにはアイアンの精度を上げる事。

全く偶然でなければベタピンに寄らない。1ラウンドで1回あるかないか。

エッジからのチップインは3ラウンドで1回くらい。

少なくともパーオンの回数を増やさねばならない。

1ホールで1回のミスは消せるが2回ミスをするとダメ。

ミスをしたら次のショットでではミスしないようにと心がけるがミスが出る。
こういうときに限って3パットしてしまう。しかもパットをショートして。

今度はパット数に拘らずしっかり打ってみよう。絶対にショートしないと。

その結果3パットになっても仕方がない。
30パットに拘ってびびらずに打って打って打ちまくろう。

それ位の気持ちがないとパットは上手くならないと考えた。

果たしてその結末は・・・。

|

« ゴム製ゴルフシューズ | トップページ | 充電式扇風機・その後 »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ゴム製ゴルフシューズ | トップページ | 充電式扇風機・その後 »