« 6月4日のゴルフ中継 | トップページ | 奥さん・盲腸 »

2011年6月 6日 (月)

ついてる横峯

以前賞金女王になったときもラッキーだった。

ほぼ李知姫に決まっていたが不動が短いパットを外して転がり
込んできた。自力で取ったものではない。

あれ以来暫く不動の不振が続くことになる。

昨日の横峯の優勝はその再現かと思わせる出来事だった。

17番で2打差の首位の大城が短いパットを外す。
強く打っていたので例の「スクープ角」の問題では無いかもしれ
ないが書いて間もないので「やった!」と思ってしまった。

そして18番。

あそこからパーを取る事は絶対に無理なので最初からボギー
狙いでショートしても良いと言う気持ちになれなかったのかな。

しかし、彼女のキャディーは汚い格好だった。
彼の経験の無さが大事な場面で出てしまったのだろう。

話は変わるが北田が凄くセクシーになっていた。
もともとそういう所はあったが体が細くなったせいか。

彼女の何処にも力が入っていないようなスイングが印象的。
横峯のひっぱたくスイングと対照的。

私としては藤田とか諸見里のような振るスイングが好き。

それにしてもゴルフは上がってみないと分からない。

男子の丸山はあのパットが、と言うのばかりで残念だった。

|

« 6月4日のゴルフ中継 | トップページ | 奥さん・盲腸 »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 6月4日のゴルフ中継 | トップページ | 奥さん・盲腸 »