« CO2削減は何処へ | トップページ | 整体と接骨院 »

2011年5月 5日 (木)

片山晋呉のパター

あのデカパターはPINのDoc17(¥31500)だそうだ。

片山は何時も色々なパターを見せてくれる。

しかしあの大きさには驚いた。ボール4個分はある。

ミケルソンがFUTURAを使って変形マレットブームの魁となったが
あれほど大きいのは見たことが無い。

重いだろうなあ。

テーラーメイドのロッサモンザを使った事があるがヘッドカバーが
弁当箱のようでキャディーバッグの蓋が閉まりにくい。

幾ら良くてもまずあれは使えない。

クラブは美しくなければいけないがあれは美しくない。
見る度に綺麗だなあ、と思わなければ愛着が湧かない。

長尺の打ち方である「クローグリップ」はシャフトが短いものでも使える。

構えたとき右肩が下がりにくいし右手のフィーリングを出しやすい。

一番良いのは「クロスハンドグリップ」
これは肩のラインが打つ方向と平行になり方向は出しやすい。

後は距離感だけ。

あれこれやってみるがなかなか真っ直ぐが打てず悩み深し。

|

« CO2削減は何処へ | トップページ | 整体と接骨院 »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« CO2削減は何処へ | トップページ | 整体と接骨院 »