« JRのダイヤ | トップページ | 福島原発の問題 »

2011年3月23日 (水)

想定外

今回の地震は「想定外」のものだったと言われている。

確かに地震そのものの被害よりも津波は想定外の大きなものでそれが
無かったらこんな惨事にはならなかったろう。

原発も問題なかったかもしれない。

津波と原発の被害の2重苦で対応が難しくしている。

ここ静岡県も浜岡原発を抱え他所事ではない。

福島は海岸から100mと近いが浜岡は300mありその中間に砂丘も
ありより安全だと説明している。

マグニチュード8台の地震に対応していると。

過去の事象と学者と会社の理論の上に影響が想定される。

空港や道路の計画で利用者の数の想定がなされるが作りたいばっかり
に過大になされ当たった試しがない。それでどれも赤字。

原発等の被害予測は反対で低く見積られ被害が出ると「想定外」。

何のための想定だろう。

浜岡の状況を見ていると検査をし忘れたとか故障のことを県に報告して
なかったとか余りに基本的なことがなされていない。

いくら「安全です」と言われてもこれでは信用されない。

今度の事で想定以上の津波や地震が起きることが分かったから想定
の基準を上げる事が求められる。

再び「想定外」と言うことがない事を祈るのみ。

|

« JRのダイヤ | トップページ | 福島原発の問題 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« JRのダイヤ | トップページ | 福島原発の問題 »