« MD読み取れず | トップページ | 秋のゴルフ »

2010年10月14日 (木)

チリの落盤事故救出作戦

大成功に世界が興奮。私もテレビに釘付けだった。

何よりも緻密な計算がされている事に驚く。

私の感覚ではチリの鉱山と言えば装備も施設も貧弱で劣悪な状況での
重労働と言うもの。(これは北朝鮮と中国か)

それが地下700mに広い避難施設があったこと。
そこの装備も完備した物で33人もの人が生活できたこと。

日本の鉱山(少なくなったが)でもこんな施設があるのだろうか。

そして救出方法。

この方法にするのにどんな議論がされたかは今後裏話で出てくるだろうが
最短の時間でやるのには最も適した方法だったろう。

NASAや他の援助があってのことだというが手際が良い。

この事故は鉱山のあり方に貴重なヒントを与えるだろう。

事故を起こせば莫大な損害を出す。
事故を起こさず、人的被害を出さない方策を第一にするだろう。

また起きてしまった時の避難所のあり方ももっと力を入れるだろう。

色々な教訓を残した事故だった。

|

« MD読み取れず | トップページ | 秋のゴルフ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« MD読み取れず | トップページ | 秋のゴルフ »