« パット快調 | トップページ | 電動かみそり »

2010年5月19日 (水)

Z打法の復活か

昨日のゴルフで「Z打法」を少しやってみた。

バックスイングで右股関節に乗り、フィニッシュで左股関節に乗る。

もうずうと前に読んだ打法できちんとは覚えていないがこんな打法
だったと思う。

前にやってみた時はバックスイングでは右股関節に乗れるのだが
フィニッシュで綺麗に左股関節に乗れない。
タイミングが合わず止めてしまった。

スイングは意識していないとすぐ楽な方に流れて緩んでしまう。

右膝の上に左肩、その左肩を顎につけるトップ。
トップでグリップが緩まない。

ここまではちゃんと出来るのだがその後がばらばら。

左のリードを忘れ打ちにゆく。ベタ足を忘れ右膝が前に出る。
下半身への加重を忘れ腕でクラブを振ってしまう。

背中が丸くなる。アドレスで頭が下がる、等々ミスだらけ。

こう複雑では溜らない。もっと単純に出来ないか。

バックスイングは出来ているのだからダウンスイングをこうすると
決めればよいと言う事で「左股関節」乗ると言うZ打法に行き着いた。

とにかく何も考えず左股関節に乗る。その事だけを考えて振る。

まだちゃんとは出来ないがかなり出来るようになってその時は良い
球が出る。

ゴルフのスイングほど複雑化している物はない。
自縄自縛で複雑にしすぎている。
できるだけ簡単にしていこう。

|

« パット快調 | トップページ | 電動かみそり »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パット快調 | トップページ | 電動かみそり »