« ショットナビネオ使用感想 | トップページ | 朝青龍の退職金 »

2010年2月10日 (水)

アイアンの方向性

ティーショットはXXIOの6代目を買ってから全く不安が無い。
方向性が良く、たまにスライス系の球が出るが大きな怪我になら
ない。

こんな気分は長くゴルフをやっているが初めてのことだ。
ず~っと続いて欲しいがいつまで続くのやら。
また何時か可笑しくなるのかな。

問題はアイアンの方向性。
いくら良いティーショットを打っても次が悪ければスコアーは
まとまらない。難しいアプローチはしたくない。

1Wが安定すればするほどアイアンの精度が求められる。

これさえ解決すれば悪くてもボギーは取れる。
バーディーのチャンスも増える。

最近試して効果が出ているのはアドレスで背筋を伸ばすこと。
こんな事はどのレッスン書にも書いてあるがやれていなかった。
これだけのことでずいぶん良くなった。

悪くてもエッジまでは行くのでアプローチとパット次第。

昨日のラウンドでもミドルホールで30~40ヤードを打ったのは
1回きり。左右には殆どぶれない無いので「ネオ」の性能を見る
ためにわざわざそこへ行って測った。

ショートパットは良くなったので今の課題はアプローチ。

ヘッドの重みでふわっと打つ事をやっているが距離が合わない。
冬場はなおさら難しいがやりがいはある。

今週はずうと雨模様。次は来週になりそうだ。

「ネオ」とアプローチを楽しもう。

|

« ショットナビネオ使用感想 | トップページ | 朝青龍の退職金 »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ショットナビネオ使用感想 | トップページ | 朝青龍の退職金 »