« 全英オープン・前半の感想 | トップページ | 沼津・モン・ミュゼとグルメ »

2009年7月19日 (日)

全英の石川クン

石川クンの予選落ちは残念だけどあれだけ入念に準備をしての結果
ならば実力不足と言うしかない。

有能なハウスキャディーを付けてコース攻略も万全だったはずだ。

気になったのは余りにもキャディーがあれこれ指図してプレーヤーの
感性が鈍くなりはしなかったか、と言う事。

見ていても鬱陶しいほど一々「助言」していたように思える。

その通り打とうとしても打てない。
自分の判断なら諦めも付くが信頼しなければならない人の判断だと
その通りに出来ない自分が許せない。悪いスパイラルに入る。

それが断ち切れず今度も終わった。メジャーでの予選落ちが目立つ。
中々期待に応えられない自分が歯がゆいだろう。

あんな感情を表に出すタイガーは最近珍しい。何かあったのだろう。
メンタルトレーニングは十分やっている筈なのにあの行動は信じられ
ない。

石川もタイガーも落ちて一気に冷めた。2日分の楽しみがなくなった。
でもワトソンの活躍が見たい。60歳、頑張れ!。

首位タイのマリオンは片山の欠場で繰り上がり出場できた人だそうだ。
運命とはこんなもんか。ラッキーは彼に回ってしまったようだ。

石川が髪を切った。
横を刈り上げてサンバイザーのTOYOTAのロゴを見えるようにした。

今迄の髪型ではこの文字が髪で隠れて見えない。
きっとクレームが出たのだろうとあのスタイルを見たときに感じた。

もう少し前と後ろの髪も切ってくれると清々しさが高まるのに。
後ろだけ伸ばすのはジャンボみたいで不快。

スポーツ選手は清々しさが欲しい。

外国の有名選手のキャップの宣伝ロゴも控えめでひさしまでロゴを
付けている人はいない。
石川や横峯のように日本選手はゴテゴテ幾つも沢山着け過ぎる。

本人は沢山スポンサーが付いて得意かもしれないが節操が無く貧相
に見える。

日本のゴルフに対する底の浅さを感じる。

ゴルフのステータスを上げる為にはプロの行いが規範となる。
自分達がその先頭に居るのだという気概がほしい。

|

« 全英オープン・前半の感想 | トップページ | 沼津・モン・ミュゼとグルメ »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 全英オープン・前半の感想 | トップページ | 沼津・モン・ミュゼとグルメ »