« スーパーでの行動観察 | トップページ | キャベツ・ブロッコリー撤収 »

2009年6月26日 (金)

パッティング

ステンプメーターでグリーンの速さを測る。

ステンプメーターと言うのはご存知の方も多いと思うが、長さ80センチ
6センチ位のステンレスの板の一方の端にボールを置く所がありそこ
ボールをに乗せ反対側を地面に着ける。
ボールの乗って居る方を持ち上げるとボールは板の上をグリーンに
転がり落ちる。
その距離を何度か測りその平均をそのグリーンの速さとする。

これを見ていると同じ所から転がしたボールの転がる先は一定では
ない。その都度変わる。

理屈から考えれば同じ位置から同じ強さで転がせばその都度同じ位置
にボールは止まるはずだ。

それが異なると言うことはボールの転がりが弱くなると芝芽で微妙に
影響を受けて変化すると言う事で just touch では入らない確率が高
と言うこと。

よく曲がる前に入れろ、と言うけれど強く打つとラインが違ってのオー
バーと引っ掛ける場合が多く外した時の返しが怖い。

3パットの原因はこの打ち過ぎか打ち切れずの、どショート。
大体ショートするケースが多く、打ててる時は長いのが入る事がある。

各ホール2パットで良い。3オン2パットでつもりで行けばどこかで2,3
ホールでパーが獲れ90を切る事は出来る。

3オンの時は絶対に3パットしないようにする。
パーを獲ろうと無理をしない。

3パットをせずダボを打たなければ85前後で回れる。

方向はそんなに狂う事はないからホールまでの距離で打つ。
1m 以内に寄せる事と1m 以内は絶対に入れる。
だから練習は1m を繰り返し練習する。

浅目にラインを読み外れても登りのラインが残るようにする。
決してプロラインに打とうとして厚目を狙わない。
なるべく直線的にその距離を打つことに集中する。

そして各ホールの最終パットの距離の合計を18m 以上にする。

これが私の作戦だが思うようには行かない。残念!。

|

« スーパーでの行動観察 | トップページ | キャベツ・ブロッコリー撤収 »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スーパーでの行動観察 | トップページ | キャベツ・ブロッコリー撤収 »