« 民主党は大丈夫? | トップページ | ピアゴの看板が »

2009年5月13日 (水)

裏金問題

愛媛の警察で裏金作りに協力しなかったので干された、と言う
ドキュメンタリーを報道していた。

確かに裏金を作る事は悪い事だ。
自分達の飲み食いや遊びのために作るのは悪いがやむをえない
場合がある。

管理職になると冠婚葬祭の交際費が馬鹿にならない。
公立学校の場合、管理職には交際費が認められていない。
即ち予算措置は全く無く、全部自腹を切ることになる。

わずかな管理職手当てではまかない切れない。

私は高校の教師だったが1000人近い生徒が居れば月に1回
程度の葬式はある。教員の冠婚葬祭もある。

学期末には担任会、部会(分掌会)、教科会等で懇親会を持つ。
その度に「金一封」を出すのが慣例になっている。

地域の要職の方の冠婚葬祭にはそのお付き合いもある。

学校として校長、教頭名で香典等を出すのだから公の物のはず
だがそので場は保障されていない。

裏金を作りたくなる気持ちは分かる。

決まったものに使わなければならないのと使い切らなければいけ
ないのが無駄な出費となり、裏金作りの基となる。

何事もその事が起きる必然性というものがある。
そこの所をきちんと見て置く必要がある。

これを解消するには簡単で交際費を認めればよい。
あるいは予算の使い方にもっと融通性を持たせればよい。

その事は全く報道されず公のお金を私物化するところだけ強調さ
れる。ちゃんと報道して下さいよ。

|

« 民主党は大丈夫? | トップページ | ピアゴの看板が »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 民主党は大丈夫? | トップページ | ピアゴの看板が »