« 焼きいも機の普及 | トップページ | クーポン券 »

2009年2月 9日 (月)

テンプラフック・クラブの傷

先日一緒に回った人が「テンプラ」続出して悩んでいた。

私は色々言われるのが嫌いなので私も人の欠点に気づいても
聞かれない限り言わない。それが正しいとは限らないから。

この日もそのつもりだったが余りに続出するので「ボールが右寄り
(中央より)になるとテンプラフックがよく出るよね」とそれとなく言って
みた。

本人はそれを聞き流したようでその後もボールの位置が変わる事は
なくテンプラを打ち続けた。

ご存知のようにテンプラはクラブがかぶってフェースが下向きに入る
事で起こる。ボールの下を水平に通るのではない。
だからボールが右寄りになると鋭角にヘッドが入ってテンプラになる。

テンプラを打ってドライバーのクラウンにボール跡がつく程いやな
ものはない。価値が半減した気分になる。

大体はこすれば取れるが取れにくい時は家であの白いスポンジに
コンパウンドを少し付けてこすれば他に傷つくことも無く消える。

白い化学スポンジを小さく切ってバッグに入れておくと良い。
カートに水が積んであるだろうからそれで塗らしてこすれば良い。

シャンクしてネックに付くボール跡もこれで消える。お試しあれ。


ボールを左かかと足の前に置くことは基本だがこれが意外と難しい。
思うより左だから。知らない間にだんだん右へ寄っている。

突然変な球が出た時はスイングよりボールの位置を疑った方がよい。

思いっきり左へ置くと体重移動も出来てよい球が出る(ことが多い)。
判っているがなんかスライスしそうで怖い。

正しい位置にボールを置くと右腕が上になり右肩が前に出てしまう。
脚はスクエアーだが上体は開いてしまい、その形で振るとアウトサイド
インのスイングになってしまう。結果はスライスか引っ掛け。

ボールの右横を首を右に傾けて見る、と言う事は判っていても中々
きちんとしたアドレスが取れない。

スタンスを取ったら思い切って右足を半歩引いてクローズに構えると
体が少々開いていても右足を引く事でスクエアーになる。

球はストレートか軽いドロー。距離も伸びる。これもお試しあれ。

判っていても出来ないのがゴルフ。
人の欠点は良く分かるのがゴルフ。
前出来たことが次に出来ないのがゴルフ。

だからゴルフは面白い。

|

« 焼きいも機の普及 | トップページ | クーポン券 »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 焼きいも機の普及 | トップページ | クーポン券 »