« マスターズ・石川遼 | トップページ | 結野亜希アナ »

2009年1月24日 (土)

照明・洗面所の灯り

ウチは洗面所の奥(北側)にトイレ。左にお風呂と言う設計になっている。
お風呂とトイレの扉を閉めると暗くなるので電気を点ける必要がある。

それと夜、一度か2度、トイレに起きて行くので真っ暗では困る。
電気を点けると明るすぎて目が覚めてしまう。

100円ショップで豆球の常夜灯を売っていたので着けて見たらこれが
中々の優れもの。豆球にプラスチックのフードが着いていて見た目も良い。

夜、半起きの状態で朦朧としてトイレに行っても適当な明るさがあっていい。

これが2年くらい持って電球が切れた。
電球を替えようと思ってホームセンターへ行ったら1Wの蛍光ランプが
あってちょっとオシャレでもあったのでこれを買ってみた。(¥680)
これにはスイッチがあって必要な時だけ点灯出来る。

小さな蛍光灯で適当な明るさで重宝した。
これも1年半くらいで切れた。
これは蛍光灯の交換部品が無いので新しいのを買わねばならない。

ヤマダ電機へ行って見たが人感センサー付き(人が近づくと点灯する)か
暗くなると自動的に点く物しかない。
必要な時だけ点けれる「入切」のスイッチが付いた「アナログ式」が無い。
仕方が無いので隣のホームセンター(エンチョーと言う変な名前)へ。

さすがにここには色々あるが「アナログ式」は電池使用しかない。
迷ったが暗くなると人感センサーが働くのと暗くなると自動点灯する
のとの切り替えが出来る「高級品」(¥1480)を買ってみた。

夕方、洗面所の扉を開けるとパッと点く。ドキッとする。

約1分位点いていて自動的に消える。その間に動けば点いているのだが
この頃おしっこの出が悪いので点灯している間に用は足せそうに無い。

なんか新しい玩具を手に入れたみたいで楽しいが「アナログ式」がいい。
こう言うセンサー付きは便利なときと不便なときがあり両方出来る様に
しておいて欲しいものだ。

なんでも人の手を使わないのが良いわけではない。
どんどんなんでも自動化されてかえって不便になっている面もある。

|

« マスターズ・石川遼 | トップページ | 結野亜希アナ »

生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マスターズ・石川遼 | トップページ | 結野亜希アナ »