« 臨時増刊・今日の富士山 | トップページ | インパクトスティック »

2008年11月 7日 (金)

臨時発行・レクサス選手権2日目+ABC

ゴルフネットワークで9番と10番の生中継をやっていたので見る。
次々と選手が来るので決勝とは違う楽しみ方が出来る。
久し振りに見る人や初めての人やいろいろで面白い。

10番はみんな右の木の方向に飛んで2ndで苦労している。
グリーンも奥が刈り上げてあってオーバーするとすごく下まで落ちる。
ピンが右奥に切ってあるので右や奥にこぼす人が多くアプローチの
技が色々見られて面白かった。

ホストの石川くん。14番までで5オーバーで予選通過は多分3オーバー。
ちょっと難しいだろうがスポンサーの手前せめて予選は通らないと・・・。

先週のABCの件で気になることがある。
石川は難しいパットをよく入れて初優勝。眞にめでたい。
これで男子プロに待望のスターが現れて人気が上がるだろう。

しかし、水を差すわけではないしけちをつけるつもりも無いが深堀の負け
方が気になって仕方が無くこれを書く気になった次第。

16番で石川が長いバーディーパットを入れた。
このまま行けば石川の初優勝。盛り上がる。
そして深堀が短いパーパットを外す。2打差あればまず大丈夫。
選手会長の深堀が人気の石川に優勝を贈った感じがしてならない。

18番の水切りショットも見事だった。アマチュアでの優勝の時のバンカー
からのチップインの再現のようなショットだった。
こう言うときにこういう事が出来る才能は天才の域に達している。

18番の深堀のチップインはプロの本能。入ってしまった。
これで石川は2パットで上がらなければならず追い込まれた。
でもあの距離なら誰でも2回で入れられると思っていたら打ち過ぎて
2m 弱のパーパット。思いもよらぬ見せ場が出来てしまった。

幸いまっすぐのラインという運の良さも実力の内か。
見事入れて優勝を飾った。

17歳1ヶ月で並み居るプロに勝ったのは本当に凄いことだが、深堀や
広田と言うパートナーにも恵まれてのことだと思うのは私だけか。

|

« 臨時増刊・今日の富士山 | トップページ | インパクトスティック »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

石川選手は優勝までもっと時間がかかるかと
思っていました。
実力だけでも勝てないのが勝負事なのでしょうか…?

投稿: ma | 2008年11月14日 (金) 19時31分

私もまさか今年優勝するとは思っていませんでした。「快挙」と言って良いでしょう。私も若い頃は競技ゴルフを少々やりましたがいい成績の時のプレッシャーは凄いものです。
何千万円がかかった1打は想像がつきません。インタビューの受け答えも上手でとても17歳に思えませんね。このまま育って欲しい選手です。あなたもゴルフをやられるのですか。

投稿: mr.む. | 2008年11月14日 (金) 19時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 臨時増刊・今日の富士山 | トップページ | インパクトスティック »