« ゴーヤジュース | トップページ | 週間ニュース新書・8/2 »

2008年8月 2日 (土)

ギャロップ・絵本

1ヶ月前ぐらいだったか「動く絵本」が出た。GALLOP:¥1990。

パラパラすると動くように見えるのは昔からの定番だが、何と言ったら
言いか、ページをめくる時にそのページの動物が走り出すのだ。
(「GALLOP」で検索して実物を見て欲しい)

光の当たり方で見え方が違ってくるのだろうが仕組みはよく分からない。

お盆に孫が来るのでその内買おう、と思っていたらどこも売り切れ。

あちこち探してやっと、Amazon で英語版を見つけ注文。¥1550。
(なぜかこっちの方が安い。)


昨日注文して今日もう着いた。

早速開いてみる。
右側のページの馬や鶏、猿や鳥がページを開くと走ったり飛んだりする。
驚いた。どうしてこんなことが出来るのだ?。

良く見て仕組み発見!。
右のページの動物の絵に縦に線が入っている。これが左のページを
開くと動く仕組みになっている。即ち、右ページが袋状になっていて
左ページからその中に縦じまの模様が挿入されていてそれが動く。
右ページの袋状の下側に5パターンの絵が描かれていて縦じまが動くと
次々にその部分が隠れ、動いているように見える。

中々面白いのでお勧め。でも手に入らないかな。

|

« ゴーヤジュース | トップページ | 週間ニュース新書・8/2 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ゴーヤジュース | トップページ | 週間ニュース新書・8/2 »