« 漁業補償 | トップページ | ジクソーパズル »

2008年7月29日 (火)

東北の地震

東北地方で大きな地震が相次いで起きた。

「内陸」の方は大きな被害があったがどちらも全く火災が起こらず、
大きなビルが壊れることも無く済んだ。

一時、耐震化が不足する建築が問題になり、震度5位で壊れる
と言われたが、その後の地震で震度5や6でもマンションやビルが
壊れた話は聞か無い。

東北地方でも表には出ないが強度不足の建物は多いはず。
それが大丈夫と言うことは強度の基準がおかしいのではないか。
厳しい」のはいいことだろうがその信頼性が問われる。

「姉歯」の基準で十分通用しているのではないか。
裁判では有罪になるのはそう言う法律があるからで実際はその
強度は必要ないのかもしれない。
建築屋とグルになって余分な装備を付けさせられいるとしたら
被害被るのは我々でこんな馬鹿な話は無い。

地震の避難所になる学校の体育館が壊れたのでは洒落にも
ならない。一番に補強すべき所だろうに。

|

« 漁業補償 | トップページ | ジクソーパズル »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 漁業補償 | トップページ | ジクソーパズル »